サブカルチャーのある生活

お酒とサブカルを愛する昭和生まれの徒然草

【F-ZERO】『1』から『0』へ……近未来レースゲーム!【レビュー・BGM・攻略・エフゼロ】

オススメ度:★★★☆☆ 1990年11月21日にスーパーファミコン用ソフトとして任天堂から発売されたレースゲーム。 Wii Uと3DSにてバーチャルコンソールで配信されている。 据え置き機では1998年7月14日にはN64にて『F-ZERO X』、2003年7月25日にはGBにて『F-ZERO G…

【ドラゴンボール 大魔王復活】カードで攻略!新感覚アドベンチャーゲーム!【ファミコン・攻略・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 1988年8月12日にバンダイからファミコン用ソフトとして発売されたカード型アドベンチャーゲーム。 アクションゲームだった前作「ドラゴンボール 神龍の謎」から大きく内容を変えて、手持ちのカードを利用した移動と戦いで成長するロールプ…

【死印】”シルシ”ってうわさ、知ってる?【攻略・ストーリー・ネタバレ・赤ずきん】

オススメ度:★★★☆☆ 2017年6月1日にPSvita用ソフトとしてエクスペリエンスより発売されたホラーアドベンチャー。 2018年1月にはPS4に、2018年6月にはSwitchに、2018年10月にはXBoneにそれぞれ移植されている。 移植にあたってはハードのスペック向上に伴いグ…

【BIOHAZARD REVELATIONS】恐怖の先に隠れる真実(リベレーションズ)が蘇る。【レビュー・ストーリー・メーデー】

オススメ度:★★★★☆ CAPCOMより2012年1月26日にニンテンドー3DS用ソフトとして発売されたサバイバルホラーゲーム。 その後アンベールドエディションとして下記の要素が追加されたリメイク版も発売されている HD向けにモデリングの修正やテクスチャの貼り替え…

【コンソール・ウォーズ6(完)】日本国内における家庭用ゲーム機の歴史(その陸)最終章・そして僕らは永遠に…【歴代売上・価格・ランキング・ゲームハード】

日本におけるインターネット普及率が70%を超え、ゲームとオンラインがひとつとなった2000年中期。 ゲーム機が日本に登場した初期の頃に乱立したハードメーカーも、時代の流れで少しずつ淘汰され、この頃になると主にソニー・任天堂・マイクロソフトの大手3社…

【燃えろ‼︎プロ野球】「バントでホームラン」が有名すぎる愛すべきクソゲー!【レビュー・ホーナー・アホ】

オススメ度:★☆☆☆☆ 1987年6月26日にジャレコよりファミコン用ソフトとして発売された野球ゲーム。 ジャレコの代表作として、後年シリーズ化された。 頭身の高いリアルなデザインの選手グラフィックや合成音声による演出など、臨場感の演出によるリアル志向の…

【大神 絶景版】今度はSWITCH(スイッチ)で!「この世の命が、蘇る。」【感想・PS4・リマスター】

オススメ度:★★★☆☆ 2006年4月にCAPCOMからPS2用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。 キャッチコピーは「この世の命が、蘇る。」 2009年にWii版が、2012年にHDリマスターされた絶景版がPS3にて発売された。 更に2017年にはPS4版とXBone版…

【コンソール・ウォーズ5】日本国内における家庭用ゲーム機の歴史(その伍)押し寄せるオンラインの荒波!ネットゲーム時代の幕開け編【歴代売上・価格・ランキング・ゲームハード】

1998年~2002年の間に4機種の次世代ゲーム機が発売され、シェア争いにしのぎを削った第二次次世代機大戦。 この大戦は1億5,000万台以上を売り上げた『PlayStation 2』の勝利となり、1994年『PS』から続くソニー政権は引き続きトップシェアを保持するのだった…

【オバケのQ太郎 ワンワンパニック】3分で飢え死にするオバケと屋根の上までジャンプする犬【レビュー・ゴールドカセット】

オススメ度:★☆☆☆☆ 1985年12月16日にバンダイから発売されたファミコン用横スクロールアクション。 主人公であるQ太郎を操作し、ステージの途中にあるアイテム(ステージの最後で待っているキャラクターへの届け物)を拾って最後で待っているキャラクターに…

【コンソール・ウォーズ4】日本国内における家庭用ゲーム機の歴史(その肆)20世紀最初の覇権を獲るハードはどれだ⁉第二次次世代機大戦編【歴代売上・価格・ランキング・ゲームハード】

1983年に『ファミコン』が登場してから約10年間にわたり続いた任天堂の1強市場。 永らく続いた任天堂による統治は1994年に登場したソニー『PlayStation』によって打倒される。 トップシェアを取ったソニーは様々なビジネス戦略により、サードパーティーおよ…

【あさひなぐ 28巻】団体戦には、責任はあっても義務はない。従うべきなのは、自分の心だけ。【あらすじ・ネタバレ・感想】

夏のインターハイ、全国大会予選リーグ。 「旭」たち『二ツ坂高校』薙刀部は、去年の準優勝『弦平高校』に敗れるものの、『弦平高校』がその後『東陽高校』にまさかの敗退を喫したため三校1勝1敗でリーグ戦やり直しの大波乱! 初戦は緊張で地に足が着いてな…

【コンソール・ウォーズ3】日本国内における家庭用ゲーム機の歴史(その参)CD-ROM本格始動の文明開化編から壮絶なシェア争い第一次次世代機大戦編まで【歴代売上・価格・ランキング・ゲームハード】

1983年に発売した『ファミコン』でテレビゲーム機市場のシェアを独占し、サードパーティ導入、初心会の設立と販売ルートと利権を確立させ長年にわたりテレビゲーム業界を統治する任天堂。 他社の新ハードを情報戦略にて牽制し、16BIT次世代機としては後初と…

【SNATCHER(スナッチャー)】疑い…全ての闘争はそこから始まる!【レビュー・PCエンジン・CD-ROM2】

オススメ度:★★★★☆ 1988年11月にコナミより発売されたサイバーパンクアドベンチャー。 1992年にPCE CD-ROM2に移植される。 のちにメタルギアシリーズで有名となる小島秀夫が監督した初期の作品である。 サイバーパンク世界が舞台となっており、そのゲーム設…

【コンソール・ウォーズ2】日本国内における家庭用ゲーム機の歴史(その弐)任天堂による絶対王政編から他社レジスタンス編まで【歴代売上・価格・ランキング・ゲームハード】

1979年に初めて日本で輸入発売された『据え置き型ゲーム機』。 海外製ハードだけでなく国内開発ハードもどんどん出てきて、テレビゲーム業界は戦国時代へと突入しました。 様々なメーカーがそのシェアを奪い合い参戦してくる中、1983年に伝説のモンスターハ…

【コンソール・ウォーズ1】日本国内における家庭用ゲーム機の歴史(その壱)ゲームハード黎明期編から戦国時代編まで【歴代売上・価格・ランキング・ゲームハード】

現代では世界的に普及しており、娯楽のひとつとして確実に認知されているテレビゲーム。 昨今ではeスポーツとして高額賞金を稼ぐこともでき、海外などでは職業としても定着しつつあるジャンルとなりました。 今回は日本国内におけるこのゲームの歴史を、ゲー…

このサイトについてプライバシーポリシーお問い合せ