サブカルチャーのある生活

お酒とサブカルを愛する昭和生まれの徒然草

【ヴァンダルハーツ 失われた古代文明】知る人ぞ知る、隠れた名作SRPG!

f:id:zel_8bit:20180625221558p:plain

 

オススメ度:★★★☆☆

 

1996年10月25日にプレイステーションおよびセガサターン用ソフトとしてコナミより発売された趣味レーションロールプレイングゲーム。

2003年7月に続編の『ヴァンダルハーツ2 天上の門』が発売された。

2010年1月にはシリーズ3作目にあたる『Vandal Herts:Flames of Judgment』が発売されている。

 

 

スポンサーリンク

 

 

あらすじ

1000年もの繁栄を誇った神聖アッシャー王朝は、王侯貴族たちの退廃的な享楽により徐々に腐敗を深めていた。
その中、立ち上がった民衆は賢者アレスの指導により革命を成功させ、議会制を中心とした共和制国家『イシュタリア』が誕生する。

f:id:zel_8bit:20180625222324p:plain

しかし、その盟主の座に賢者アレスの姿はなく何処かへと姿を消してしまっていた。

そしてそれより15年後…

イシュタリア警備兵団第16小隊を率いるアッシュ・ランバートは、「黒い疾風」の異名をとる剣の達人であった。

f:id:zel_8bit:20180625221934p:plain

個人的武力もさることながら類稀なる統率力で部隊をまとめ上げていた。

しかしある時、アッシュは悪徳政治家たちの謀略に巻き込まれる。

数奇な運命はやがてアッシュだけではなく、彼の部隊ごと国家の存亡をかけた戦いに導いていく…。

 

ゲームシステム

マップ

ゲームは、舞台となるイシュタリア諸国が描かれたマクロマップに配された各拠点を移動し、指定された戦闘マップをこなすことで進行する。

f:id:zel_8bit:20180625222030p:plain

マップは斜め上から見下ろしたクォータービュー形式を採用しており、立体的に表現された地形舞台に2Dキャラクターを配置していく。

地形を利用して戦略性を持ってミッションを有利に進行させる事ができる。

f:id:zel_8bit:20180625222134p:plain

オブジェクトを動かしてバリケードにし、敵の進行を遅らせたり、橋を封鎖して敵の足止めをしたり色々考えながら攻めていこう。

 

戦闘

戦闘は先行と後攻に分かれたターンバトル。

ターン中でも隣接して攻撃して敵ヒットポイントが残っていた場合、しかるべき反撃を受ける。

f:id:zel_8bit:20180625222211p:plain

ゲーム進行に直接関係する戦闘マップでは主人公アッシュが半強制的に出撃、アッシュが死亡するとゲームオーバーになる。

f:id:zel_8bit:20180626203252p:plain

それ以外の味方キャラクターは戦闘で倒されると、そのミッションは退場となるが次のミッションでは復活、完治しておりまた参加する事ができる。

 

 

ユニット

基本システムは『ファイヤーエムブレム』や『ラングリッサー』を模範としており、各ユニットには三すくみの相性が存在しており、それに基づいて作戦を立て、戦闘を優位に進めていく。

弓や魔法の遠隔攻撃ユニットは相手から反撃を受けないので、序盤の敵の数減らしや終盤の殲滅戦で重宝する。が、これは敵も同じなので気をつけなければならない。

f:id:zel_8bit:20180625222441p:plain

ストーリーの進行によりどんどん仲間が増えていき、ユニットのタイプも豊富になるので、戦闘の舞台となるマップの地形や敵のタイプによって出撃ユニットを選択していこう。

f:id:zel_8bit:20180626203116j:plain

各キャラクターには特有のクラスがあり、またレベルやストーリーの進行度合いに伴い、より上位のクラスへのチェンジも可能である。

 

隠れた名作

当時のシュミレーションRPGとしては斬新な演出、緻密な戦略、感動的なストーリーを楽しめる秀逸なタイトルだと思います。

ライトな難易度

難易度に関しては、味方がヤラれても次のミッションでは復活していることや、成長すると各キャラクターがかなり強くなる事などでゴリ押しで敵を撃破できる様になるので『ファイヤーエムブレム』などに比べると大分低めです。

f:id:zel_8bit:20180625222542j:plain

その為、硬派で高難易度のシュミレーションRPGを好むゲーマーはぬるくて手応えが感じられないかもしれません。

とは言っても各マップの特性やギミックが非常に凝っているので、筆者のようなライトユーザーが物語やタクティクスを楽しむ分には十分課題点をクリアしていると思います。

 

ブシューっと吹き出す血飛沫

余談ですがこのゲームは敵、味方限らず戦闘でヤラれた際には激しい血飛沫を天高く吹き出して絶命します

f:id:zel_8bit:20180625222710j:plain

この演出が衝撃的で強く記憶に残っているユーザーも多い事でしょう。

味方キャラクターは殺られても次のミッションでは平気な顔をして復活してるんですけどね(笑)

 

神秘的な素晴らしい主題歌


ヴァンダルハーツ〜失われた古代文明〜 「悲しみを燃やして」 full

主題歌をヤドランカが担当しています。

この主題歌がとても素晴らしく、当時は何度も繰り返し聴いていました。

 

 

エンディング

基本的にストーリーが重い展開である事と、エンディングが当時のゲームにしては大団円ではなく、一抹の切なさを残す独特の終り方であり賛否両論に分かれました。


最終的な敵を倒したアッシュは、勝利とひきかえに異世界へとのみこまれ、行方不明になってしまいます。
ラスボスを倒しても、それでめでたしめでたしとはなりません。

悪徳政治家が一掃されたわけではないので、国政の混乱は続いています。
そんな情勢の中、残された仲間たちは、ある者はふたたび剣を取り、ある者は政治の道へ、そしてまたある者は平凡な暮らしを楽しんだりと、それぞれの人生を歩み始めます。
最後、みんなの近況を書いた手紙をつづりながら、自分だけは何もしていないと悩むヒロイン・エリナのもとへ、聞き覚えのあるメロディが流れてきました。

それは、以前アッシュがよく吹いていた笛の音でした。

エリナは、「…おかえりなさい!」とドアを開ける…。

f:id:zel_8bit:20180625223215j:plain

このエンディングは「胸に何かが支えてる感じがヤダ」というユーザーも居れば、「みんな幸せハッピーエンドより遥かに物語に深みが出る」と捉えるユーザーもいました。

 

続編

2003年7月に続編の『ヴァンダルハーツ2 天上の門』が、2010年1月にはシリーズ3作目にあたる『Vandal Herts:Flames of Judgment』が発売されているが筆者は共に未プレイです。

f:id:zel_8bit:20180625223351j:plain

3に至っては何故か完全にグラフィックが洋ゲー化しており、『1』の面影が全くないのでプレイする気になりませんでした。

f:id:zel_8bit:20180625223433j:plain

周りのゲーム仲間でもプレイした人がいないので、どんな感じだか不明ですが『3』はともかく『2』は一度遊んでみたいと思います。

 

最後に

最後になりますが、筆者のこのゲームに対する評価はかなり良いです。

人を選ぶタイトルだと言うことを加味して★は3つとしてますが、個人的には4つあげたい作品ではあります。

いつの日か当時を思い出しながら、もう一度プレイしたいと思います。

f:id:zel_8bit:20180625223518j:plain

ただ販売本数が15万本とあまり良くなかった為か、その後移植もされずゲームアーカイブスでも配信されてないのですよね。

PS本体を購入してディスクでプレイするまでは労力とお金を掛けたくないので、大人しくアーカイブス配信がされるのを待ちます。

今回は「ヴァンダルハーツ 失われた古代文明」の紹介でした。

 

スポンサーリンク