サブカルチャーのある生活

お酒とサブカルを愛する昭和生まれの徒然草

【日本百名山】立山連峰縦走【立山三山・剱岳】

f:id:zel_8bit:20180628145455j:plain

 

室堂~雄山~大汝山~富士ノ折立~真砂山~別山~劔沢小屋~劔岳~地獄谷~ミクリガ池~室堂

 

夏の立山連峰縦走の記録

今回の登山隊は5人編成

北アルプスの北部に聳える立山連峰
古くから山岳信仰の山として有名な山である
今回の初日の行程は立山連峰の三つの主峰
雄山(3015m)大汝山(3003m)富士ノ折立(2999m)に加え、真砂岳(2861m)別山(2880m)
の5つの頂きを踏み剱沢テント場にベースキャンプ設営
翌日は登山をやる者の憧れ、劔岳への挑戦を経て室堂に下山予定

 

 

スポンサーリンク

 

 

アプローチ

この立山連峰は自然保護の為長野県側の扇沢より先はマイカー(タクシー含む)進入禁止地域となっており、扇沢からトロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイ、そしてまたトロリーバスを乗り継いで立山に入らなければならない
朝一番の扇沢駅発トロリーバスが7時前後で立山駅着が1時間半後
しかも休日ともなればその朝一のトロリーバスに乗る為に長蛇の列ができる

f:id:zel_8bit:20180628203356j:plain


その面倒くさい入山過程を回避する為夜22時新宿発~翌朝7時立山駅室堂バスターミナル着という夜行バスを手配した
仕事を終えた金曜の夜22時
新宿駅を都庁の地下にあるバスターミナルに向け16kgの80ℓザックを背負い登山服で歩く
周りは飲み会帰りの大騒ぎしてるサラリーマンや仲睦まじく寄り添う恋人ばかり
その中を黙々とあるく自分はかなり浮いている

 

今回の山行行程

当初は剱岳山荘テント場と、雷鳥沢テント場で2泊3日の行程だったが思いの外天候に恵まれ体力も続いたので2日目は一気に室堂まで降りて1泊2日に短縮した

しかしこのコースを1泊2日でこなすのは相当な体力が必要となるのでお薦めはしない

2泊3日が妥当であろう

f:id:zel_8bit:20180628152008j:plain

f:id:zel_8bit:20180628152029j:plain

 

 

立山三山

翌朝7時過ぎ
室堂バスターミナル着、座席が狭くよく眠れなかった
駅から出たとこで準備を整える
室堂で既に標高2450m

7:45出発

この素晴らしい景色を堪能しながら歩く
しかし装備重量は15kg以上

f:id:zel_8bit:20180628161446j:plain

登り坂では息が弾み体力が奪われる

急坂を一気に登り雄山に辿り着く

雄山登頂

f:id:zel_8bit:20180628161540j:plain

 

雄山からは稜線歩きで大汝山を目指す

気持ちの良い稜線を歩き続け大汝山に辿り着く

大汝山登頂

f:id:zel_8bit:20180628161811j:plain

 

ここからも稜線歩きが続く

多少の登り降りはあるがそこまでキツイものではなく余裕を持った山歩きとなる

富士ノ折立に辿り着きピークハント

富士ノ折立登頂

f:id:zel_8bit:20180628161855j:plain

 

これで一般的に立山と呼ばれる三つの頂きはすべて踏襲
体力に余裕があったので少し遠回りだが真砂岳と別山も登って行く事にする

f:id:zel_8bit:20180628161934j:plain

お昼を少し過ぎたが時間が少し押している

昼食は取らずに行動食を齧りながら休み無しで歩き続ける

流石に脚も疲れてきているとこに加えてこの日差しである

f:id:zel_8bit:20180628162012j:plain

森林限界を超えている為背の高い植物は一切ない
直射日光をくらい体力が奪われていく

真砂山登頂

f:id:zel_8bit:20180628162054j:plain

 

朝から歩きっぱなしの為、隊のメンバーにかなり疲労の色が濃くなってきた
早いとこテント場に着きたいものだ

別山登頂

f:id:zel_8bit:20180628162215j:plain

 

やっと本日最後となる五つ目の頂きを踏襲
ほっと胸を撫で下ろすメンバーの眼前には…

f:id:zel_8bit:20180628204622j:plain

 
神々しく聳える劔岳があった
手前から一服劔
劔岳の前衛を務める前劔
そしてその後ろに堂々と居座る劔岳
明日は必ず挑み登頂するぞと胸に思う

 

 

劔沢キャンプ場

本日最後の行程として別山から40分ほど剱沢キャンプ場まで降りである
降りだと思って甘く見ていたが歩き出せば本日一番つらいと思える道のりになった
急勾配なざれ道で既に限界を超えていた足にかかる負担が半端じゃない

f:id:zel_8bit:20180628204821j:plain

もう踏ん張りの利かない足で無理やり踏ん張りながら一歩一歩降ってゆく
この日既にテント装備、大休止無しで7時間ほど歩いた
もう限界は超えている

f:id:zel_8bit:20180628204807j:plain

 やっとテン場がすぐそこに!
転がるようにテン場に辿り着いた隊員たちはフラフラしながらもテントを設営する

f:id:zel_8bit:20180628204743j:plain 
テント設営が済み今日の仕事が全部終わりあとはビールを呑むだけという事に歓喜する隊員

f:id:zel_8bit:20180628204729j:plain

山小屋でビールの買い出し、500mℓのスーパードライが800円也

真夏であるがそこら中に万年雪が残っている

テン場は雪渓の真ん中である為天然の冷蔵庫でビールは常にキンキン!

f:id:zel_8bit:20180628145532j:plain

明日挑戦する劔岳を眺めながら山岳食を調理しビールに舌鼓を打つ

今日1日の行程で疲労し切った身体とにアルコールが染み渡る


明朝は3時起きで劔岳アタックなので隊員は早めに就寝する
筆者はテントの中でしばらく小説『孤高の人』を読んでいた

f:id:zel_8bit:20180628205543j:plain

 夜半過ぎふと目が覚めテントの外を覗くと空一面に輝く星空が
いつも涙が出そうになるくらい感動する山の夜空
デジカメにはこの風景を納められないのが残念である
星空に見惚れながらも、かなり厳しくなると予想される明日の劔岳山行の事を思い少しでも体力回復をする為にまた寝袋に入った
明日はいよいよ劔岳に挑戦である

 

 

劔岳アタック

早朝3時起床
サブザックに必要な物を詰め込み準備ができたら朝飯だ

f:id:zel_8bit:20180628221041j:plain
筆者の朝御飯は好日山荘で購入した山岳用どん兵衛
普通のどん兵衛と全く味が変わらず食した後のゴミはコンパクトに縮まる
これは常備品になりそうだ

f:id:zel_8bit:20180628221103j:plain
3:45ヘッ電点けて山行開始
真っ暗闇の中足元をヘッ電の灯りで照らし歩く
いきなり雪渓を横切るので転ばないように注意だ

f:id:zel_8bit:20180628221146j:plain

 20分ほどで剣山荘に着く
劔岳はここが最後の水場になる
往復6時間ほどの道のりで水が切れるのは死活問題になる
飲み水は十分確保して行こう

f:id:zel_8bit:20180628221244j:plain

剣山荘を出たあたりから日の出が始まる

雲海の向こうに徐々に浮かび上がる御来光
言葉にし難いほどの美しい光景だ

f:id:zel_8bit:20180628205511j:plain

 朝焼けの中一服劔を越えると前劔が姿を現す
遠目で見るより重量感があり、劔岳の前衛を務めるのに申し分ない迫力である
前劔は想像よりキツかった
数々の鎖場、ざれ道、酸素の薄さに襲われる

f:id:zel_8bit:20180628205457j:plain

 前劔の向こうに見える劔岳
待ってるがいい、必ずその頂きに立って見せる

f:id:zel_8bit:20180628205427j:plain

 5:30前劔登頂
ここで小休止

f:id:zel_8bit:20180628205407j:plain

 ここからは更に危険な道が続く
日本国内で「一般登山者が登る山のうちでは死亡事故の最も多い山」とされる劔岳
過去の登山に比べ段違いに死と隣り合わせを感じざるを得ない
特に前劔を超えてからはずっと滑落=死のイメージが付き纏った
それほど危険な道であった

いくつもの鎖場、梯子を超えついに劔岳の足元に辿り着く
その隊を待ち受けていたのは…

f:id:zel_8bit:20180628205342j:plain

かの有名なカニノタテ這いである
垂直の壁を鎖と自分の体力だけを頼りに登る危険な個所だ
色んな劔岳のブログを見てると、この下から撮った写真は多いが登り途中の写真は少なかったのだがその理由はすぐに分かった
撮ってる余裕が一切ない!

f:id:zel_8bit:20180628164624j:plain

途中2~3回
「らぁーーーく!!」という叫び声(落石を知らせる発声)と共に頭上から落石が!
ソフトボールくらいの大きさだけどもしも当たったらまず命は無い
登ってる最中次の足場が見つからず探してる瞬間も常に頭上落石に気を配りながら必死に登った

f:id:zel_8bit:20180628205320j:plain

 
なんとかカニノタテ這いをクリアして、あとは急勾配な登りを登るだけ

キツイ登りが小一時間続くけど、さっきまでの様な命の危険を感じないから気合だけで登れる
そしてついに…

劔岳登頂

f:id:zel_8bit:20180628165246j:plain

とうとうその頂を踏んだ

日本登山家たちの夢

日本百名山高難易度最高峰の頂を踏襲したのである

感無量だった

f:id:zel_8bit:20180628165544j:plain

暫し登頂で休憩しながら絶景に見惚れる

身体はかなり疲労してたが、そんな事はどうでも良くなるような最高の気分だ

その景色をカメラに収めながらほんの少しの休憩を取ったら下山開始である

登山は降りるほうが危険、気を引き締めていこう

f:id:zel_8bit:20180628165907j:plain

下山コース最難関

カニノヨコバイである

上りのカニノタテバイと同等の危険箇所である

慎重に降りていく

ピストンなので当たり前だが、登る時に超えた前劔を再度超えなければならない
体力が限界だ

f:id:zel_8bit:20180628205233j:plain

 ヘロヘロになりながら前劔、一服劔を超えやっと眼下に剣山荘が見える

無事劔沢テント場に帰還である
劔岳を踏破出来た事を噛みしめる
小休止5分を挟み、そこから雪渓を歩いて11時剱沢キャンプ場に戻る

隊員は全員体力が限界に近いほどバテていたが16時までに室堂まで戻れれば本日中に家路に着ける為テントを撤収し、即出発する
この段階で体力はほぼ残っておらず根性での徒行が始まる

 

 

室堂への下山

f:id:zel_8bit:20180628205211j:plain

 テント装備を背負い1時間の雪渓登り

既に山業開始してから8時間が経過している
誰も何も喋らずただ仲間に遅れないよう歯を食いしばって登り続ける

f:id:zel_8bit:20180628205150j:plain

 12時を過ぎた頃、後ろを振り向くと雲が出てきている

午前中あれほど晴天だった劔岳は既に雲に覆われていた

山の天候の変わり易さを噛み締める

f:id:zel_8bit:20180628205134j:plain

 遥か彼方に見える雷鳥沢キャンプ場
景色は素晴らしかったのだが、疲労と足の痛みでそれを楽しむ余裕がない
雷鳥沢ヒュッテを過ぎロッジ立山連峰を過ぎる
この辺まで来ると室堂から徒歩1時間圏内なので、一般の観光客やそのお客さん目当ての施設が多々ある

 

地獄谷

f:id:zel_8bit:20180628205100j:plain

硫黄の匂いがすごい

いたる所から煙が立ち昇り、凄い光景だった

(現在は噴気活動の拡大活発化により通行禁止)

 

ミクリガ池

f:id:zel_8bit:20180628205033j:plain

ミクリガ池でこの時雷鳥を見ることができた
だが写真に収める事が出来ず悔やまれる

でも見れたのだから良しとしよう

 

室堂バスターミナル

f:id:zel_8bit:20180628205012j:plain

 15:00やっとの事で室堂バスターミナルに到着
3:45に歩きはじめてから11時間強
ご飯も食べず僅かな行動食のみで大休止も無く、劔岳をピストン

そこからテント装備を担いで3時間の下山を我ながらよく歩いた
隊員は皆健脚と言って差し支えないだろう

 

黒部ダム (おまけ)

f:id:zel_8bit:20180628180433j:plain

帰りがけには黒部ダムを観光する

これも中々の迫力で良い思い出になった

扇沢に17時着、そこからタクシーで松本駅まで1時間半

スーパーあずさに乗って22時に帰宅

 

立山縦走五山踏破劔岳攻略

晴天にも恵まれ見事成功を収めました

隊員が誰一人怪我をすることなく下山できた事を山の神様に感謝です

今回は「立山縦走・剱岳攻略」レポの紹介でした

 

スポンサーリンク