サブカルチャーのある生活

いろんなサブカルコンテンツをゆる〜く紹介

【天国大魔境 2巻(後半)】海上での激闘!施設の秘密!徐々に見えてくる“この世界”。【あらすじ・ネタバレ・感想】

f:id:zel_8bit:20190822222428p:plain

 

“キル光線銃”の刻印と同じマークのダンボールがある東京へ向かい貨物船に乗るマルとキルコ。

その船の中でキルコは自分の過去をマルに打ち明けるのだった。

身体は女性だが、脳は男だと…。

 

スポンサーリンク

 

 

前回までのあらすじ 

www.zel-life.com

 

初めての失恋?

f:id:zel_8bit:20190822225019p:plain

f:id:zel_8bit:20190822225029p:plain

マルにとっては初めての恋、そして初めての告白だった。

初恋が実らないということはよくあることではあるが、フラれた理由が「実はあたし男なの。」というのは普通無いだろう(笑)。

かなりのショックを受けるマル…。

f:id:zel_8bit:20190822225033p:plain

ロビンに対して嫉妬を抱くマル。

あれ?でもキルコは男なんだよね?

あまりにも突拍子のない話に頭が混乱してきたマルは素直に眠ることにした…。

 

ヒルコ来襲!

f:id:zel_8bit:20190823165511p:plain

突如響く悲鳴に起こされるキルコ!

貨物船は魚のに無数の手が生えたヒルコの襲撃を受けていた!

f:id:zel_8bit:20190823171555p:plain

f:id:zel_8bit:20190823171612p:plain

f:id:zel_8bit:20190822225037p:plain

ヒルコの襲撃で2名が海に転落!

このヒルコ相手に海に落ちたら最後、逃げる術はない。

ただ喰われるのを待つしかなくなる…。

f:id:zel_8bit:20190822225100p:plain

f:id:zel_8bit:20190822225105p:plain

キル光線で迎撃するが、魚ヒルコは水を全身に纏い光線を通さない!

そしてその水を口に含み高圧噴射して攻撃をしてくる!

水が無くなれば鎧も武器も消えるのだがここは海上、奴は無尽蔵に水を補給できる…。

 

マルタッチ!

f:id:zel_8bit:20190822225255p:plain

操舵室に立て籠もるクルー一同。

しかしヒルコの力は貨物船の強度を凌駕しており、陸に逃げ切る前に確実に破壊され侵入を許すことになるだろう。

f:id:zel_8bit:20190822230515p:plain

キルコは水の無い船内にヒルコを誘い込み、そこで迎撃する作戦を立てる。

しかし先ほどの戦闘でキル光線のエネルギーは底を突いていた。

「キル光線もないのにどうやって戦うの!?」

と問うマルにキルコは答える

「マルタッチがある!」

f:id:zel_8bit:20190822230519p:plain

マルタッチとはマルの特技でありヒルコの体内に手を入れコアを破壊し殺す技だ。

しかしこれはあくまでヒルコが弱まり、動けない状態で仕掛けるのが必須であり、動き回るヒルコに近くのは死を意味する。

マルタッチを決めるためにまずはどうやってヒルコを無力化するかが問題だ。

しかしキルコのネーミングセンス、相変わらずダサすぎる(笑)。

f:id:zel_8bit:20190822230522p:plain

自らが囮となり船内にヒルコを誘い込むキルコとマル!

捕まったら一巻の終わり。

全速力で船内奥へと逃げる!

f:id:zel_8bit:20190822230529p:plain

貨物船の船内は積荷でいっぱいだ。

ダンボールの箱だらけの船内を死に物狂いで走る2人。

そのダンボールを蹴散らしながらどんどん距離を詰めてくるヒルコ!

f:id:zel_8bit:20190822230533p:plain

逃げる2人を追い回すうちに船内に無数にあるダンボールに全て水分を奪われ無力化されたヒルコ。

キルコは実はこれを狙い逃げ回っていたのだ。

完全にキルコの作戦勝利だ!

f:id:zel_8bit:20190822230537p:plain

f:id:zel_8bit:20190822230540p:plain

キルコの頭脳プレイを褒め称えながらも、そのネーミングセンスの無さを馬鹿にしながら“マルタッチ”でトドメを刺すマルだった(笑)。

 

 

f:id:zel_8bit:20190823170613p:plain

憶えているだろうか?

この魚型のヒルコは1巻の冒頭で施設の子供の1人「コナ」が描いている想像上の生き物のスケッチと瓜二つなのである…。

謎は深まるばかりだ…。

 

スポンサーリンク

 

 

立ち入り禁止区域

f:id:zel_8bit:20190822225630p:plain

一方施設では、ククに“本物の赤ちゃん”を見に行かないかと聞かれたトキオは探究心に逆らえず危険を承知でククの誘いに乗る。

f:id:zel_8bit:20190822225638p:plain

ククはずば抜けた身体能力を駆使して壁を登り通気口らしき穴へと入ってゆく。

開いた口が塞がらないトキオ…。

そんなんククしかできないから!!(笑)。

f:id:zel_8bit:20190822225642p:plain

f:id:zel_8bit:20190822225903p:plain

トキオは前にタカが試していた作戦を真似る。

高度がそれほどでもなかったからか、ひとつのメンテマシンに乗ったからかはわからないが今回は無事ククのい通気口までたどり着くことができた。

f:id:zel_8bit:20190822225908p:plain

f:id:zel_8bit:20190822225913p:plain

初めて自分の生活区域から出たトキオは、不思議な高揚感を感じていた。

果たしてこれからトキオが目にするものは一体どのような光景なのか…?

 

これが…赤ちゃん…?

f:id:zel_8bit:20190822230815p:plain

f:id:zel_8bit:20190822230818p:plain

通気口を辿り謎の部屋へと降り立つ2人。

ここは一体どこなのだろう?

そしてその部屋にはククの言う“赤ちゃん”がいた!

f:id:zel_8bit:20190822230823p:plain

これが…赤ちゃん?

もちろんトキオは赤ちゃんを見るのは初めてだが、何か絵も知れぬ感情に囚われる。

本当にこれが…赤ちゃんなのか…?

その時!突如施設内に警報が鳴り響く!!

f:id:zel_8bit:20190822230828p:plain

とっさにククは通気口に飛び移るがトキオにそんな運動神経はない。

謎のポーズで固まるトキオ(笑)。

f:id:zel_8bit:20190822230842p:plain

どうやら警報は別の場所での侵入者に対する物だったらしい。

安堵した2人はさっさとこの場を去る事にする。

f:id:zel_8bit:20190822230848p:plain

しかしこの“赤ちゃんのようなもの”は一体何だったのだろうか?

謎はますます深まる…。

 

大都市

f:id:zel_8bit:20190822231811p:plain

魚型のヒルコを撃退し、九死に一生を得たマルとキルコは東京の地に降り立っていた。

久しぶりに戻ってきた東京は、やはりそれまでの都下の集落と比べると都会でありたくさんの人々が生活を営んでいた。

f:id:zel_8bit:20190822231823p:plain

2人は一旦別行動を取り、食料などの物資調達をする事にした。

途中寄り道をしてゲームに興じるトキオ。

f:id:zel_8bit:20190822231833p:plain

しかし面倒な事に地元の不良に絡まれてしまう。

しかし町で徒党を組んで粋がっている連中など、命を掛けた修羅場をくぐり抜けてきたトキオにとっては脅威ではなかった。

f:id:zel_8bit:20190822231841p:plain

f:id:zel_8bit:20190822231845p:plain

「多」対「個」であったが、場慣れしたトキオにとってはこの連中を伸すくらいはなんて事なない!

キレたトキオは次々と不良どもをぶっ飛ばす!

 

f:id:zel_8bit:20190822231855p:plain

f:id:zel_8bit:20190822231904p:plain

トキオ…絶対元ヤンだったよね…(笑)。

このシーンだけなんか別の漫画みたいだw。

f:id:zel_8bit:20190822231911p:plain

そこにキルコ参戦wwwww

もう現場は悲惨、不良ども可哀想wwwww

f:id:zel_8bit:20190822231921p:plain

「君が理由(わけ)もなく喧嘩するやつじゃないって事くらいわかってる」

キルコの言葉にキュンとしてしまうトキオ…。

いかん!ダメだ!キルコは男なんだから!

 

施設の秘密

f:id:zel_8bit:20190822232318p:plain

その頃施設では入院中の友達タラオの容態が悪化し、親友であるトキオが病室に呼ばれていた。

最後にトキオと2人で話をしたいと大人たちを退出させるタラオ。

そして2人きりなった事を確認するとそして自らの命がもう長くないと悟ったタラオは最後の力を振り絞りこう言った。

 

f:id:zel_8bit:20190822232329p:plain

「ここ(施設)から逃げて。ここ(施設)は“危険”」だと…。

 

f:id:zel_8bit:20190822232334p:plain

 次回、次々と露わになる学園の秘密!

とうとう子供達は外の世界へと行く時が来る!

物語は3巻へ続く…。

今回は『天国大魔境2巻(後半)』の紹介でした。

 

あわせて読みたい

www.zel-life.com

www.zel-life.com

www.zel-life.com

www.zel-life.com

 

 

 

 

スポンサーリンク
       

このサイトについてプライバシーポリシーお問い合せ