サブカルチャーのある生活

なつかしのレトロゲーム同好会

ーPICKUPー
ファミコン
“クソゲー特集”
20210509220713
“ファミコンマガジン”
CONSOLEWARS

【サッカー】ファミコン初のサッカーゲーム!その後のサッカーゲームの基礎を築いたタイトル。【ファミコン・任天堂・レビュー】

f:id:zel_8bit:20210527054038j:plain

 

オススメ度:★★☆☆☆

 

『サッカー』は1985年4月9日にファミリーコンピュータ用ソフトとして任天堂から発売されたスポーツゲーム。

1985年に『VS.サッカー』としてアーケードへ移植。

1986年2月21日にディスクシステム版が移植販売されたほか、その後バーチャルコンソールやSwitch Onlineにて配信されている。

 

スポンサーリンク

 

 

『サッカー』とは

f:id:zel_8bit:20210527054114p:plain

『サッカー』はファミコン初のサッカーゲームである。

ゲーム内容は極々単純であり、サイドビュースクロール型画面のグランドでサッカーをするだけのモノである。

f:id:zel_8bit:20210527054123p:plain

とは言ってもビデオゲーム黎明期のサッカーゲームとしてはよくできており、その後のサッカーゲームの基礎を築いたと言える作品である。

販売本数は153万本であり、これはファミコンソフト全1252本の中でも16位の歴代記録である。

www.zel-life.com

 

ゲームシステム

f:id:zel_8bit:20210527054117p:plain

1Pモードと2Pモードが用意されており、1PモードはCOMと対戦、2Pモードはプレイヤー同士で対戦ができる。

ゲーム前の設定画面にて、チーム選択・COMレベル・ハーフタイムを選択する。

本作はプレイヤーが操作できるのは1名の選手のみで、コントローラーのBボタンを押したときに、その時点で最もボールに近い位置にいる選手をコントロールすることができる。

f:id:zel_8bit:20210527054135p:plain

それ以外の選手はCOMの判断により自動的に動くのだが、COMレベルが高いほど巧妙なプレイをする。

ハーフタイムは15分・30分・45分の3つがあるが、時間の進み方は現実世界の時間よりかなり速い。

f:id:zel_8bit:20210529100103p:plain

前半が終了するとにはチアガールがハーフタイムショーを行う演出が入る。

時間内に決着がつかなかった場合PK戦に突入。

それでも決着がつかない場合は引き分けとなる。

 

最後に

f:id:zel_8bit:20210527054132p:plain

選べるチームは各国の代表という設定で7チーム。

日本・アメリカ・イギリス・フランス・西ドイツ・ブラジル・スペインとなっている。

昭和60年という時代背景なので西ドイツが入っているのが感慨深い。

何故かイングランドではなくイギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)となっているのは任天堂のうっかりミスだろう(笑)。

チームごとの違いはユニフォームと選手の肌の色だけであり能力差は一切ない。

f:id:zel_8bit:20210527054120p:plain

選手は1チーム6人(フィールドプレイヤー5人+キーパー)しかおらず、シュートやパスなどの全てのキックはひとつの動作のみ。

オーバヘッドキックなどの大技は当然のこと、ヘディング・スライディングタックル・パンチングなどの通常サッカーで使われるテクニックも一切使用できない。

でもなぜかオフサイドだけはルールに組み込まれている。

f:id:zel_8bit:20210529104037j:plain

ファミコン黎明期の作品なので、今となっては稚拙であり昨今のサッカーゲームと比べるとかなり見劣りする。

しかしこの時代にしては綺麗なグラフィックや細かいゲーム設定が可能なシステムなど、他のサッカーゲームとは一線を画していたとも言えよう。

 

今回はファミコン初のサッカーゲーム『サッカー』の紹介でした!

 

あわせて読みたい

www.zel-life.com

www.zel-life.com

www.zel-life.com

 

 

 

 

スポンサーリンク
       

このサイトについて|プライバシーポリシー