サブカルチャーのある生活

お酒とサブカルを愛する昭和生まれの徒然草

【さんまの名探偵】カニカニどこかに?【レビュー】

f:id:zel_8bit:20180328230733j:plain

 

オススメ度:★★☆☆☆

 

1987年4月2日にFC専用ソフトとしてnamcoより発売されたコマンド選択式アドベンチャーゲーム。
明石家さんまを主人公に登場人物全てを吉本芸人で固めてる推理アドベンチャーゲームである。
出せば儲かると思われ無数のファミコンソフトが発売された昭和60年代、その中でも異彩を放つタイトルである。価格は4,900円。

スポンサーリンク

 

 

 

さんまの名探偵とは

f:id:zel_8bit:20180328225924j:plain

タイトルの明石家さんまの他、吉本興業の実在の芸人をゲーム中に数多く登場させたコマンド選択式アドベンチャーゲーム

プレイヤーはさんまの助手となって、聞き込みや捜査を行いながら犯人を追う。

f:id:zel_8bit:20180609211750j:plain

f:id:zel_8bit:20180609211758j:plain

メインキャラクター(さんま)が探偵でプレイヤーが助手というのは「ポートピア連続殺人事件」(1983年)。「北海道連鎖殺人事件オホーツクに消ゆ」(1984年)などの一般的なミステリゲームとは逆の構図である。

冒頭で桂文珍が殺害され、その事件をプレイヤーは探偵明石家さんまの助手となり共に事件を捜査していきます。
犯人を筆頭に関係者、被害者全て吉本芸人、今となってはギャラの問題などで制作するのは難しい作品だろう。

 

 

あらすじ

f:id:zel_8bit:20180609210724j:plain

吉本社長の別荘でパーティーが開かれている最中に、金庫室で桂文珍が殺されているのが発見された。

f:id:zel_8bit:20180609211306j:plain

それだけではなく、金庫室から「アフリカの星」というダイヤが盗まれていた。探偵の明石家さんまは依頼を受け、事件の犯人を捜すことになった。

 

 

ゲームシステム

f:id:zel_8bit:20180328225911j:plain

このMAP画面で移動していく先々で情報を集めていきます。

最初は行ける場所は少ないのですが、事件捜査が進展していくに連れ捜査対象の場所が増えていきます。

f:id:zel_8bit:20180609212611g:plain

新たな場所にたどり着くと新しい手がかりが手に入り操作に進展が見られます。

今まで登場した人物からも新しい証言を入手することも可能になります。

f:id:zel_8bit:20180609211212p:plain

 

 

島田紳助の未来を予言?

f:id:zel_8bit:20180328225917j:plain

今では引退してしまった島田紳助も登場。

このセリフ…20余年後、まさか現実になるとは…

ゲーマたちの間では、このセリフは予知だったんどえは?と密かに有名です。

 

 

ミニゲームが熱い!

f:id:zel_8bit:20180328225920j:plain

ボートレースや追跡ゲームなどのミニゲームも盛り込まれており、バッドエンドなどストーリー進行に関わる内容もある。

f:id:zel_8bit:20180609212205j:plain

特にミニゲーム「ギャラクシガニ」は同社のゲーム「ギャラクシアン」(1979年)のセルフパロディである。

f:id:zel_8bit:20180609212215g:plain

他にもBGMの一部や効果音などに、「ディグダグ」(1982年)、「ゼビウス」(1983年)、「ワルキューレの冒険」(1986年)などの作品で用いられたフレーズが現れるといった、ナムコ作品のセルフパロディ的な要素が随所に見られる。

f:id:zel_8bit:20180609212322j:plain

捜査の過程で、女の子の部屋を調べて下着を見つけたり、露天風呂で女の子を覗いたりするなどのお色気要素もある。

 

スポンサーリンク

 

 

豪華キャストにも拘らず登場人物へのギャラは0円!?

登場人物のギャラだけでもどれくらいお金が掛かるか想像もつきません。

 しかし当時は芸人たちにはギャラが支払われてないとの事(ナムコは吉本興業に払ってる)
更に主人公であるさんまにも無許可で発売されたらしい。

f:id:zel_8bit:20180609211506g:plain

殺害される役の文珍だけは会社に出向き「わし、死んでるみたいやねんけど、御香典もらえまへんか?」と言い、出演料をもらったとのこと。
すごいな…なんていい加減な時代だろう、昭和(笑)

 

子供でもクリアできる難易度ながら手抜きのないストーリー

二転三転するシナリオ展開、複雑な人間関係、事件の裏に隠された真相など、推理物の王道を踏まえた質の良いストーリーは評価されています。

f:id:zel_8bit:20180609211005p:plain

事件当時や事件後に不審な動きを見せる人物がかなり多く、調査の結果無実であったり本当に怪しかったりと、物語全体に大きな起伏が仕掛けられてます。

f:id:zel_8bit:20180609212642g:plain

また、山場を盛り上げる「アリバイが磐石だった人物の意外な真相」といった王道展開もあります。

f:id:zel_8bit:20180609212719g:plain

ゲーム画面のコミカルさとは裏腹に、そのシナリオは「火曜サスペンス劇場」並みのシリアスさと言っても差し支えありません。

緊迫する最終局面、そしてその結末は、是非自らの手で一度は見て欲しいです。

f:id:zel_8bit:20180328225907j:plain

まだ幼かった筆者は発売されてから数年後近所のお兄ちゃんから借りてクリアした思い出のゲームなんですよ。
子供でも頑張れば攻略本なしでクリア出来る難易度です。

万が一行き詰ってもミニゲームの「ギャラクシガニ」は単なるお遊び要素ではなく、クリアすると現在の捜査状況に応じたヒントが貰える便利なミニゲームなので安心です。

 とにかくとても楽しく遊んだ思い出がのゲームです。

f:id:zel_8bit:20180609214758j:plain


今となっては肖像権などの問題でリメイクどころかバーチャルコンソールなどでの販売も難しいタイトルかと思います。

プレイするとしたらファミコンしか無いですが、いつの日か懐かしき昭和を思い出しながらまたプレイしたいと思います。
今回は「さんまの名探偵」の紹介でした。

 

あわせて読みたい 

 

www.zel-life.com

 

 

www.zel-life.com

 

 

www.zel-life.com

 

 

スポンサーリンク