サブカルチャーのある生活

いろんなサブカルコンテンツをゆる〜く紹介

ーPICKUPー
“BIOHA”ZARD特集
“ドラクエ”3
“クソゲー特集”
“ファミコンマガジン”
“かまいたちの夜”

【オバケのQ太郎 ワンワンパニック】難易度さえ適切なら名作になり得たかも知れない?凶悪な難しさを誇るバンダイのアニメ原作タイトル第3弾!【ファミコン・バンダイ・クソゲー・レビュー】

f:id:zel_8bit:20180512123720j:plain

 

オススメ度:★☆☆☆☆

 

1985年12月16日にバンダイから発売されたファミコン用横スクロールアクション。

主人公であるQ太郎を操作しステージの途中にあるアイテム(お届け物)を拾って、最後で待っているキャラクターに渡すとステージクリアとなる。

サイドビュー右スクロール逆行不可の全12ステージ。

 

 
スポンサーリンク

 

 

クソゲー界のサラブレッド

f:id:zel_8bit:20180512123733j:plain

バンダイのアニメゲーム化といえばクソゲー界のサラブレッドと揶揄される鉄板のクソゲーである。

本タイトルも当時子供たちに大人気だったアニメ「オバケのQ太郎」を題材にしているどうみても低年齢層をターゲットにした物であるのにも拘らず鬼の様な高難易度によりクソゲーという声が多い

 

子供相手に無慈悲な難易度

f:id:zel_8bit:20180512123730j:plain

食べ物を摂取し続けなければ3分も経たずに餓死するという期待を裏切らない凶悪な仕様がなんとも尊敬に値する愛すべきタイトルである。

メインの敵キャラは原作に忠実であり主人公Q太郎の苦手な犬。

この犬は三階建ての家の屋根まで届くジャンプ力を持っており、地上からひとっ飛びで空を飛ぶQ太郎に噛みつく。

敵キャラに触れると一発で一機失う。

常に予測不能な犬のジャンプを避けながら進めていくのは相当な集中力を要する。

唯一の反撃の手段として、Q太郎はガウガウ砲という口から衝撃波を吐き出す攻撃ができる。

しかしなぜか犬もワンワン砲という砲撃を発射することができ、ワンワン砲の方が高性能なため普通に撃ち負ける。

そんな犬だけでも厄介なのだが、スズメやカラスといったガウガウ砲が一切通用しない恐ろしい敵も多数登場する。

敵を撃破しようとすると無駄にゲームオーバーを繰り返す事になるので基本避けゲーと認識したほうが良い。

f:id:zel_8bit:20180512222911p:plain

容赦のない難易度のため「オバケのQ太郎」が好きで親御さんに買ってもらった小学生たちは次々と阿鼻叫喚の世界に叩き落とされた。

f:id:zel_8bit:20180512223058j:plain

原作「オバケのQ太郎」のキャラはステージを進めるに従い次々と登場する。

ファンとしてウキウキする展開ではあるが、その難易度のため全12ステージもある本作を終盤まで進める事ができ、全てのキャラを見る事ができた子供が存在したのかは甚だ疑問である。

ちなみに筆者このゲームをクリアする事はできなかった。

 

スポンサーリンク

 

 

ゴールドカードリッジ

f:id:zel_8bit:20180512123747j:plain

ところでこの『オバケのQ太郎 ワンワンパニック』は通常上記画像の様な黄色いソフトである。

しかし発売を記念して開催された「パニックコンテスト」という大会で成績上位100位に入賞した者には賞品として金色のワンワンパニックが贈られた。

f:id:zel_8bit:20180512123744j:plain

それはゴールドカードリッジと呼ばれ、世界に100個しかないレアアイテムと言われている。

ゴールドカードリッジはコレクターの間にて高額で取引されている。

過去にはヤフオクにて30万円で落札されるという事例もあった。

f:id:zel_8bit:20181205063743p:plain
しかし通常のソフトを金色に塗装した自家製ゴールドソフトが出回り、コレクターは取引に慎重になっていく。

そんな事もあり5万円くらいの落札価格が相場となったが、定価の10倍のプレミアが付くのは凄い事だと思う。

 

難易度さえ適切ならそこまでクソゲーでは無かったかも?

f:id:zel_8bit:20180512123736j:plain

ソフトのチラシには「とってもむずかしいけど、メチャメチャおもしろいゲームだよ!」と書かれている。

ひらがなを多用しているあたり子供向けのタイトルなのは明らである。

難易度さえ子供向けに低くしていればそこそこ満足度の高いタイトルになったかも知れないので残念である。

 

f:id:zel_8bit:20180512123724j:plain

大人になった今でこそ、頑張ればそこそこ攻略する事ができるかも知れない。

昭和の子供たち如何に理不尽な仕打ちに耐えてゲームで遊んでいたかを知る意味でも一度遊んで欲しいタイトルでもある。

今回は『オバケのQ太郎 ワンワンパニック』の紹介でした。

 

あわせて読みたい

www.zel-life.com

www.zel-life.com

www.zel-life.com

 

 

 

スポンサーリンク
       

このサイトについて|プライバシーポリシー