サブカルチャーのある生活

いろんなサブカルコンテンツをゆる〜く紹介

【写真】なまはげ館【博物館・秋田県】

f:id:zel_8bit:20190818071218j:plain

なまはげの伝説がなぜこの男鹿の地に残るのか、多くの思いを募らせる貴重な資料の数々が展示されている。

150枚を越えるなまはげ面の展示は圧巻の迫力。
男鹿市内各地区から集められたナマハゲの面はそれぞれ特徴的な風体で、おなじナマハゲとは思えないほどオリジナリティに富んだデザイン性に溢れる。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

男鹿の「なまはげ」の歴史を知る  

f:id:zel_8bit:20190818071225j:plain

f:id:zel_8bit:20190818071228j:plain

f:id:zel_8bit:20190818071256j:plain

f:id:zel_8bit:20190818071300j:plain

f:id:zel_8bit:20190818071304j:plain

f:id:zel_8bit:20190818071235j:plain

f:id:zel_8bit:20190818071221j:plain

 

男鹿真山伝承館

なまはげ館の隣にある男鹿真山伝承館は、男鹿地方の典型的な曲家(まがりや)民家。

ここでは、元来、民俗行事として大晦日にのみ地元の人以外には中々見ることが出来なかったナマハゲ習俗を広く観光客の方にも知ってもらうために、古い伝統としきたりを厳粛に受け継いでいる真山地区のなまはげ習俗が体感できる学習講座を行っている。

f:id:zel_8bit:20190818071238j:plain

f:id:zel_8bit:20190818071241j:plain

f:id:zel_8bit:20190818071245j:plain

f:id:zel_8bit:20190818071250j:plain

f:id:zel_8bit:20190818071253j:plain

薄暗い部屋の中で動き回るなまはげを撮る為にF値絞ってシャッター速度も上げたからISO値を上げて光量確保したら画質が超低下してしまった。

もっと考えて設定しなきゃと反省。

でもこの実演学習はとても面白かったです!

迫力あり過ぎて幼い子供は泣き出す子多数でした。

 

 

 

 

スポンサーリンク
       

このサイトについてプライバシーポリシーお問い合せ