サブカルチャーのある生活

いろんなサブカルコンテンツをゆる〜く紹介

【映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説】異世界生活は、里帰りですら大冒険…⁉︎【映画・ストーリー・レビュー】

f:id:zel_8bit:20190831151610j:plain

 

オススメ度:★★★★★

 

2019年8月30日より『このすば』の略称で愛された、アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』の完全新作劇場版『映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説』が全国公開されました。

本作は原作第5巻『爆裂紅魔にレッツ&ゴー‼︎』を元にしたストーリーとなっています。

 

原作:暁なつめ

監督:金崎貴臣

脚本:上江洲誠

 

スポンサーリンク

 

 

ストーリー


「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」本予告第2弾

 

我が名はめぐみん。

紅魔族随一にして、爆裂魔法を操りし者…。

 

 

f:id:zel_8bit:20190831161315p:plain

クエストに失敗し、ギルドで反省中のカズマたち。

そこに駆け込んできたゆんゆんの爆弾発言に、一同は凍りつく。

f:id:zel_8bit:20190831161215p:plain

「私、カズマさんの子供が欲しい!」

事情を聞けば、めぐみんとゆんゆんの生まれ故郷である紅魔の里が危機に瀕しているのだとういう。

f:id:zel_8bit:20190831161331p:plain

里を救うために旅立ったゆんゆんを追いかけて、カズマたちも紅魔の里へと向かうのだった。

紅魔族の人々に歓待されるカズマたち。

めぐみんの家族や同級生たちとも交流を深めていく。

f:id:zel_8bit:20190831161356p:plain

だがその間にも、魔王軍幹部のシルビアは虎視眈々と里へ攻め入る機会をうかがっていた。

シルビアが執拗に紅魔の里を狙う目的とは?

謎の遺跡に隠された秘密とは?

f:id:zel_8bit:20190831161235p:plain

最大の危機が紅魔の里を襲う時、ゆんゆんが、そしてめぐみんが立ち上がる!

異世界生活は、里帰りですら大冒険…⁉︎

カズマたちの運命やいかに‼︎

 

スポンサーリンク

 

 

登場人物

カズマ:CV福島潤

f:id:zel_8bit:20190831153418j:plain

ゲーム好きで引きこもりだったが、転生して異世界へ。
幸運のステータスが非常に高いこと以外には普通の、ごく平凡な冒険者。
今回はみんなでめぐみんの里帰りについていくことから冒険が始まる。

 

アクア:CV雨宮天

f:id:zel_8bit:20190831153405j:plain

カズマを異世界へ送り込む際に、うっかり道連れにされた女神。
元の世界に戻るためには魔王を討伐しなければならない。
お酒と美味しいものが大好きで、特技は宴会芸。

 

めぐみん:CV高橋李依

f:id:zel_8bit:20190831153401p:plain

能力が高いといわれる紅魔族の中でも、随一の天才魔法使い。
爆発系最上級クラス魔法「爆裂魔法」を極めることだけに全てを捧げている。

今回は故郷がピンチと聞いて久しぶりに里帰りをすることに。

 

ダクネス :CV茅野愛衣

f:id:zel_8bit:20190831153415j:plain

クールで美しく、正義感の強い女騎士。

だがドM。

やたらモンスターの群れのど真ん中に飛び込みたがる、ちょっと勿体ないところのある女騎士。
不器用過ぎて攻撃は敵にほとんど当たらない。

 

ゆんゆん:CV豊崎愛生

f:id:zel_8bit:20190831153358j:plain

紅魔族の族長の娘で、自称めぐみんのライバル。

実力はあるのに紅魔族にしては常識的な感覚があるせいで、ぼっち歴が長い。

今回は紅魔の里から届いた手紙を手に、カズマに子作りをせがむが⁉︎

 

ウィズ:CV堀江由衣

f:id:zel_8bit:20190831153346j:plain

アクセルの街でマジックアイテム屋を営む穏やかな女性。

だが元々は凄腕の冒険者で、色々あってアンデットモンスターリッチーとなった。

魔王軍のなんちゃって幹部でもある。

 

バニル:CV西田雅一

f:id:zel_8bit:20190831153342j:plain

「見通す能力」を持つ仮面の悪魔。

魔王軍幹部の一人としてウィズとの交流も長い。

人間の発する悪感情を好む。

最近はウィズの店を手伝っていて、カズマの知的財産を買い取ろうとしている。

 

こめっこ:CV長縄まりあ

f:id:zel_8bit:20190831153432p:plain

めぐみんの妹。

いつもお腹を空かせており、ちょむすけをごはん呼ばわりする。

しかし愛らしさと魔法使いとしての素質の高さは姉に劣らない。

 

シルビア:CV渡辺明乃

 

f:id:zel_8bit:20190831153427p:plain

魔王軍幹部。

紅魔の里攻略のために派遣されてきた。

 

スポンサーリンク

 

 

感想

f:id:zel_8bit:20190831164505j:plain

あの『このすば』が劇場版となり帰ってきた!

運だけが異常に良い冒険者、酒と食い物が大好きな女神、妄想癖がありドMの変態クルーセイダー、一発撃つと動けなくなるアークウィザードの4人パーティーの面々が繰り広げるはちゃめちゃ冒険活劇。

f:id:zel_8bit:20190831164726p:plain
想像以上に留まるところを知らない彼女らの問題行動は、劇場版になりさらに加速する。

冒頭はアクセルの街でいつもの日常生活から始まるが、相変わらずのカズマのクズっぷりや、個性豊かなパーティーメンバーのやり取りが描かれ爆笑必須だ。

f:id:zel_8bit:20190831164604p:plain

そして物語はめぐみんの故郷・紅魔の里へと舞台を移すのだが、そこから先はノンストップではちゃめちゃなストーリーが展開され一気に終盤のクライマックスへと繋がる。

約90分ほどの映画だが、ダレる様なシーンは一切なく、終始見所満載であり、観終わった時は心地よい疲労を感じてぐったりとなっていた(笑)。

f:id:zel_8bit:20190831164622p:plain

筆者は原作を読んでいないので知らなかったが、原作第5巻を丸々90分の映画に収めるのはあまりにも尺が足りなく、かなり無茶な企画だったと監督が語っている。

それをなんとか試行錯誤しながら製作し、半分以上のシーンを取捨選択しながら削ったとのこと。

f:id:zel_8bit:20190831164703p:plain

そのような努力の結果、出来上がった作品だからこそ90分とは思えない内容の濃さであり、無駄なシーンなど一つも無いと言える仕上がりとなったのであろう。

f:id:zel_8bit:20190831164642p:plain

そして最後に本作『紅伝説』のメインヒロインとなっているめぐみんの可愛さは異常であり、観ている観客を釘付けにすること間違いなしだ。

『このすば』ファンの方には自信を持って薦められるので是非劇場へ足を運んで欲しい。

今回は『映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説』の紹介でした!

 

あわせて読みたい

www.zel-life.com

www.zel-life.com

www.zel-life.com

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
       

このサイトについてプライバシーポリシーお問い合せ