サブカルチャーのある生活

いろんなサブカルコンテンツをゆる〜く紹介

【ハイパーオリンピック】スポーツ大会ゲームの草分け的タイトル!擦り連打で世界記録を叩き出せ!【ファミコン・コナミ・レビュー】

f:id:zel_8bit:20191111114219j:plain

 

オススメ度:★★☆☆☆

 

『ハイパーオリンピック』は1985年6月21日にファミリーコンピュータ用ソフトとしてコナミより発売されたスポーツゲーム。

オリジナルは同社が1983年に稼働させたアーケードゲーム。

オリンピックをテーマにしたコナミの看板シリーズのひとつであり、その後も『ハイパースポーツ』や『コナミックスポーツ』などのタイトルでACや様々なハードで続編が発売されている人気シリーズである。

 

スポンサーリンク

 

 

『ハイパーオリンピック』とは

f:id:zel_8bit:20191117035924p:plain

コナミが1983年に稼働させたACタイトルを、1985年にファミコンに移植。

AC版は「100m走」「走幅跳」「やり投げ」「110mハードル走」「ハンマー投げ」「走高跳」の6種目で記録を競う内容であったが、ファミコン版は容量の問題で「ハンマー投げ」と「走高跳」が削られて全4種目となっている。

f:id:zel_8bit:20191117035936p:plain

FC版『ハイパーオリンピック』は専用コントローラーとして「ハイパーショット」が同梱されている。

FC標準のコントローラーや他社メーカーの連射パッド等は使用不可となっており(一部非公式ながら動く物もあった)プレイするにはこの「ハイパーショット」が必須となっていた。

f:id:zel_8bit:20191117035945j:plain

本作の3ヶ月後に発売された続編にあたる『ハイパースポーツ』も「ハイパーショット」が必須だったので、発売のタイミングで単体での販売も開始された。

FC版が発売された前年である昭和59年にはロサンゼルスオリンピックが開催されたことも影響し話題となった。

 

ゲーム内容

f:id:zel_8bit:20191117035956p:plain

使用するボタンは“RUNボタン”と“JUMPボタン”の2種類だけであり、RUNボタンを連打すればするほど、キャラクターの走る速度が上がるシステムとなっている。

RUNボタンを連打し、スピードを上げながらタイミングを見計らいJUMPボタンを押す事でより良い記録を狙う。

f:id:zel_8bit:20191117040004p:plain

やり投げなどはJUMPボタンを押している時間で角度調整ができる。

単純ではあるが、この連打&タイミングによる操作方法は続編や他社発売の類似ゲームでも継承されており、「スポーツ大会ゲーム」というジャンルの雛形となった。

しかしとにかく連打速度がモノを言うシステムのため後述するボタンの消耗が激しい問題があり、後続タイトルは2つのボタンを交互に押す事により選手が走るようになるなどの改善がなされている。

 

連打にまつわる逸話

f:id:zel_8bit:20191117040027p:plain

先ほども触れたが、本作のシステムは連打速度いかんに掛かっている。

プレイヤーは記録を出すために狂ったようにボタン連打をするため体力とコントローラーの消耗が激しいのが問題点として挙げられる。

普通の連打で高記録を出すのはかなり至難の業であり、爪で擦る通称「擦り連打」や人差し指と中指で交互にボタンを押す「ピアノ連打」など様々な技がプレイヤーたちの工夫により編み出された。

f:id:zel_8bit:20191117040040p:plain

特に連打パフォーマンスが高かった「擦り連打」が定番の技として人気が高かったが、あまりにも必死に擦るものだから爪が割れて負傷する小学生があとを絶たたなかった。

それでも意地とプライドを賭けて遊んでいるファミっ子たちは、割れた爪にテーピングを巻くなどして痛みに耐えながら連打をしていた(笑)。

f:id:zel_8bit:20191117040051p:plain

さらに連打技は改良を重ねられ、コインを使って擦る「コイン連打」や定規をしならせた反動で驚異的な連射速度を叩き出す「定規連打」など、道具を駆使することにより爪の損傷を防ぐようになる。

しかし硬いモノで激しく連打されるコントローラーがその衝撃により壊れてしまうという新たな問題も発生した。

 

スポンサーリンク

 

 

バカ殿様バージョン

f:id:zel_8bit:20191117035907p:plain
コナミが当時人気番組であった『8時だョ!全員集合』のスポンサーだった事もあり、選手キャラクターがバカ殿様に差し替えられた「バカ殿様バージョン」も制作された。

当初は番組内のコント用の小道具として開発されたが、放送後に視聴者からの反響が大きかったため、限定品として一般市販もされ、番組の懸賞用の景品にもなった。

f:id:zel_8bit:20191117035804p:plain

ゲーム内容は基本同じではあるが、通常盤とは違いラウンドセレクト機能が備わっている。

「バカ殿様バージョン」はレアソフトと言えない事もないが、一般市販もされた事もあり現在でもヤフオクなどで安く入手する事ができる。

 

筆者と『ハイパーオリンピック』

f:id:zel_8bit:20191117040247p:plain

筆者は本作は所有していなかったが、連打&タイミングというシステムを確立した面白さで友達の間でもブームになっていた。

よく友達の家に集まり皆んなで記録を狙いながら遊んだものだ。

擦り連打や定規連打を駆使してプレイしてたものだから友達のハイパーショットが壊れてしまったりして喧嘩したのも良い思い出だ(笑)。

f:id:zel_8bit:20191117035531j:plain

前述した通り、このタイプのSPTを確立したタイトルであり様々なハードに移植され数々の続編を生んだシリーズであるが、時代が平成へと移り変わりハードがPS・PS2・N64などで発売された新作でもコナミは基本的に連打&ジャンプのみのシステムをそのまま継承した。

いくらなんでもこの時代に連打が全てのゲームは市場に受け入れられず、シリーズ後半のタイトルはクソゲー扱いされている(笑)。

f:id:zel_8bit:20191117040256p:plain

本作の発売から35年が経過した2020年には東京オリンピックが開催される。

この機会に久しぶりに新作を出したらどうだろうか?コナミさん。

その際はもちろん「バカ殿様バージョン」も忘れないでもらいたい(笑)。

 

今回はスポーツ大会ゲームの草分け的タイトル『ハイパーオリンピック』の紹介でした!

 

あわせて読みたい

www.zel-life.com

www.zel-life.com

www.zel-life.com

 

 

 

 

スポンサーリンク
       

このサイトについてプライバシーポリシーお問い合せ