サブカルチャーのある生活

お酒とサブカルを愛する昭和生まれの徒然草

【エキサイトバイク】オリジナル版もワールドレースも夢中になった!

f:id:zel_8bit:20180617090946j:plain

 

オススメ度:★★★☆☆

 

1984年11月30日にファミコン用ソフトとして任天堂から発売されたレースゲーム。

オフロードバイクによる競争をテーマとした、横スクロールのレースゲーム。
非常にシンプルかつ洗練されたシステムが好評を博し、ファミコン用のソフトとして発売された後にアーケードに逆移植された。

その後様々な機種に移植され、リメイク版も発売される。

 

スポンサーリンク

 

 

エキサイトバイクとは

f:id:zel_8bit:20180617104756p:plain

起伏に富んだコースを転倒しないようにうまく走りぬける事が目的のオフロードバイクレースゲーム。

沢山のライバルキャラが登場するが、順位を競うシステムではなく、単純に目標タイムを上回れるかどうかを競う。

純粋にプレイヤー自身の操作テクニックを突き詰めていくというやりこみ型のプレイスタイルがメインとなっている。

 

 

ゲームシステム

まず最初に5つの中からコースを選んでチャレンジレースに挑戦する。

このチャレンジレースで規定タイムをクリアできるとエキサイトバイク本戦に出場できる。

f:id:zel_8bit:20180617104838j:plain

エキサイトバイク本戦で規定タイムをクリアすると、次のコースの本戦に出場する事になる。規定タイムは3位のタイム。

5面本戦をクリアすると、ゲームオーバーになるまで何度でも5面本戦を走行する事が出来る。

あとは何回クリアできるかやり込むだけである。 

f:id:zel_8bit:20180617105433p:plain

ソロプレイのモードとCPU3台が併走するモードを選べ、後者ではマシンが接触した時は後ろのマシンが転倒する。

この仕様を利用してライバルを転倒させまくり自分の走りたいラインをキープするテクニックも有効である。

f:id:zel_8bit:20180617104919p:plain

プレイヤーの乗るバイクには2種類のアクセルがあり、A/Bボタンでこの2つを使い分ける。

Bボタンはターボで、急発進ができて加速率が高く、最速に達する時間が短い。

ただしエンジン温度計がどんどん上昇し、これが真っ赤になるとオーバーヒートとなり一時停車しなければならず、大幅にタイムロスとなる。

f:id:zel_8bit:20180617111843g:plain

Aボタンのアクセルは加速率が低く、最速に達する時間が長い代わりに温度計は7割ほどで安定し、アクセル回しっ放しでもオーバーヒートにならないのが利点。

尚、温度計の温度はクールパッドの上を通過すれば一気に下がる。

 

 

デザインモード

本作ではプレイヤーが任意にコースを作ってプレイすることもできる。

当時としてはこのデザインモードは画期的な物であり他に類を見なかった。

f:id:zel_8bit:20180617105410j:plain

登場するコースパーツを全て使用できるので、スーパージャンプ台だらけの面白コースや、頭を捻った超難易度コースなどが自由自在に作れて楽しかった。

f:id:zel_8bit:20180617105542j:plain

セーブやパスワードの類は何も無いため、電源を切ると作ったコースも消えてしまうが、「ファミリーベーシック」のデータレコーダーでカセットテープにデータ保存する機能に対応しており、エディットコースのデータをセーブすることもできた。

当時まだ筆者は幼すぎてファミリーベーシックは理解できてなかったのでデータ保存機能は経験してません。

 

究極にシンプルでありながら完成されたゲームデザイン

幼かった筆者でも操作方法やルールを理解できて、やり込めばやり込んだだけ腕が上がっていくのを実感できるのがとても楽しかったです。

ウィリーで小さい障害物を回避したり、ジャンプ着地時に路面と車体を平行に着地させるとスムーズにランディングでき減速を最小限に留めたりでき、どうしてなかなか沢山のテクニックを習得する必要がありました。

f:id:zel_8bit:20180617105932j:plain

転倒したらバイクを起こして再発進するまでの時間ロスをABボタン連打で短縮できるのも面白かったですね。

あえて不満を言うならレース中のBGMが無くエンジン音やSE音しか流れない事でしょうか。

まぁこの時代のゲームではよくある事なので仕方ないですが、せっかく白熱したレースを堪能できるゲームなのでBGMがあればもっと盛り上がったと思います。

f:id:zel_8bit:20180617105957p:plain

それ以外に関してはまったく問題はなく、1984年のゲームなので本当にシンプルなゲームではありますが、さすが任天堂と言うべきか完璧なバランスとシステムで単純ながら奥が深く現在プレイしても楽しめる優秀なゲームです。

 

 

エキサイトバイクワールドレース

2010年2月2日にWiiウェアにてDL販売されたエキサイトバイクのフルリメイク版です。

操作方法はファミコン版同様の操作とWiiリモコンの傾き検知でバイクの傾きを制御する2つのモードから選べるようになりました。

f:id:zel_8bit:20180617110716j:plain

視点はファミコン版の操作では斜め上からの見下ろし型、傾き操作ではクォータービューとなりますが、ゴール後のリプレイでは任意の角度から観賞出来ます。

f:id:zel_8bit:20180617110248j:plain

ジャンプが成功すると「ウィリージャンプ」、上手く着地出来ると「ナイスランディング」「スムーズランディング」などと表示されるため、ちゃんとアクションが成立したかどうかがよくわかるのが嬉しいです。

f:id:zel_8bit:20180617110636j:plain

そしてレース注意に各コース毎のBGMが流れるようになったのでノリノリでレースを楽しめるのもGoodです!

特に「スムーズランディング」は着地減速も従来通りなくなり、ブーストもかかり旧作よりテクニックが更にモノを言う仕様となっています。

f:id:zel_8bit:20180617110610j:plain

オンライン対戦が可能で最大4人までのネット対戦が可能です。

ファミコン版にあったコースエディターは健在で、オンラインにてフレンド同士でオリジナルコースを送信し合えるほか、フレンド同士ならオリジナルコースでのネット対戦が可能です。

f:id:zel_8bit:20180617110649j:plain

このリメイク版も非常に面白く、大人になってからの発売でしたがかなりハマってしまい夢中になってやり込みました。

WiiもWiiUも手放した今ではプレイする環境がないのですが、SWITCHで出してくれれば筆者は必ずまた購入し直すと思います!

その時は現在のSWITCHフレンドと複数でオンライン対戦をしてみたいですね!

今回は「エキサイトバイク」の紹介でした。

 

スポンサーリンク