サブカルチャーのある生活

いろんなサブカルコンテンツをゆる〜く紹介

ーPICKUPー
“BIOHA”ZARD特集
“ドラクエ”3
“クソゲー特集”
“ファミコンマガジン”
“かまいたちの夜”

【ドンキーコング】ドンキーコングとマリオのデビュー作!ゲーム史に名を残すジャンプアクションの草分け的タイトル!【ファミコン・任天堂・レビュー】

f:id:zel_8bit:20200116170611j:plain

 

オススメ度:★★★☆☆

 

『ドンキーコング』は1983年7月15日に任天堂よりファミリーコンピュータ用ソフトとして発売されたアクションゲーム。

オリジナルは同社が1981年に稼働させたアーケードゲーム。

のちに数々の続編や本作で登場するキャラクターを主人公とするソフトが発売されることになる任天堂を代表するタイトルである。

 

スポンサーリンク

 

『ドンキーコング』とは

f:id:zel_8bit:20200116171533j:plain

『ドンキーコング』とは任天堂が1981年に稼働させたACであり、宮本茂の代表作のひとつである。

ゲーム業界に革命を起こした作品

f:id:zel_8bit:20200119125011p:plain

本作は樽をジャンプで飛び越えたり、足場である鉄筋をジャンプで渡ったりとジャンプアクションが中心となっているゲーム設計となっている。

f:id:zel_8bit:20200119125908p:plain

このジャンプ操作という概念は、ACTゲームでは今でこそ当たり前となっているが、本作以前のACTゲームにはジャンプ操作がなくジャンプ操作を中心としたゲームデザインを構築した初めてのゲームと言われている。

任天堂を代表するキャラのデビュータイトル

f:id:zel_8bit:20200119130126p:plain
敵役として登場するドンキーコングは任天堂を代表するキャラクター。

本作はそのドンキーコングの記念すべき初出演タイトルである。

f:id:zel_8bit:20200119130112p:plain

名前の由来はドンキー(donkey)が“とんま”や“まぬけ”という意味であり、コング(kong)は当時流行った映画『キングコング』から取って「マヌケなゴリラ」という主旨で命名した。

f:id:zel_8bit:20200119130051p:plain
そしてドンキーコングに拐われた恋人のレディを救出する主人公は、本作では正式名称は無かったが紛れもなくマリオである。

日本が世界に誇るあのマリオの初出演も本作となっている。

f:id:zel_8bit:20200120061545p:plain

ちなみにマリオの恋人であるレディはとてもピーチ姫に似ているが別人であり、のちにポリーンという名前が付けられている。つまりマリオの元カノである。

ストーリー

f:id:zel_8bit:20200119130235p:plain
ドンキーコングは元々マリオのペットとして飼われていたが、マリオに恋人レディ(ポリーン)ができてから自分のことをかまってくれなくなったため、嫉妬とイタズラで彼女を拐ってしまう。マリオは恋人を救うためレディを拐い逃げたドンキーコングを追う、というもの。

古いゲームなので「ドンキーコングに拐われた恋人を助ける」という単純な目的だけで、しっかりとしたストーリーはないと思っていたが実はちゃんと上記の設定がある。

 

ゲーム&ウオッチ版

f:id:zel_8bit:20200116125419j:plain

ファミコン版が移植される以前の1982年に、本作は任天堂のLSIゲーム機であるゲーム&ウオッチに移植されている。

『ドンキーコング』といえばこのゲーム&ウオッチ版を思い出す方も多いのではないだろうか?

f:id:zel_8bit:20200116171058j:plain

筆者はこの時代まだ幼くて買ってもらえなかったが、オレンジ色で折りたたみ式のマルチスクリーンであるこの携帯ゲーム機には憧れたモノである(笑)。

ちなみにこのゲーム&ウオッチ版『ドンキーコング』ではゲーム機史上初めて十字キーが採用されている。

この十字キーは親指だけで4方向にキーを押す感覚が伝わる画期的な操作ボタンであり、その後のゲーム機の標準となった歴史的アイディアである。

 

スポンサーリンク

 

 

ユニバーサル映画との裁判

f:id:zel_8bit:20200119131752j:plain

1982年には米映画会社のユニバーサル映画に『ドンキーコング』は当時同社が版権を保有していたとされる映画『キングコング』(1976)のキャラクター著作権を侵害しているとして損害賠償を求める訴訟を起こされた。

これに対し任天堂の米国法人は逆に「ユニバーサル映画が同訴訟を提起したことは『ドンキーコング』の名誉を毀損した」として反訴を起こし真っ向から対決となったのだ。

f:id:zel_8bit:20200119131935j:plain

確かにコング(kong)は映画『キングコング』で創られた造語であり、一見ユニバーサル映画の言い分には正当性があるように思えた。

しかし裁判を進めていくうちに、そもそもユニバーサル映画はオリジナルの『キングコング』(1933)に関する版権を取得せずにリメイク版の『キングコング』を制作していたことが判明。

そもそも版権を持ってないユニバーサル映画の訴えは却下となり、さらに任天堂の反訴は認められ、任天堂はユニバーサル映画から約160万ドルの損害賠償を一方的に勝ち取る結果となった。

f:id:zel_8bit:20200119132646j:plain

この奇跡の大逆転劇裁判で任天堂の弁護を引き受けた弁護士の名前がジョン・カービィ氏であり、任天堂の人気キャラクター『星のカービィ』の由来になったとの説もあるが、宮本茂はのちのインタビューで元々カービィという名前は候補にあったとも語っている。

どちらにせよ、カービィと任天堂の関係は切っても切れないものであることは変わりない(笑)。

f:id:zel_8bit:20200119131734j:plain

40年前にはこの様なこともあったが、現在は和解しておりユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは「SUPER NINTENDO WORLD」が2020年オープンを目指して建設中だ。

このエリアではマリオやルイージをはじめとする任天堂のキャラクターと世界観がテーマとなっており、専用ライドに乗って人気ゲームの中に入り込んだような体験を味わえる「マリオカート」アトラクションなどが予定されている。

世界トップクラスの映画とゲームの制作会社が手を組んだ新アトラクション、とても楽しみだ。

 

ファミコン版『ドンキーコング』

f:id:zel_8bit:20200116171245j:plain

1983年に任天堂はゲーム史上に名を残すコンシューマ機『ファミリーコンピュータ』(以後FC)を販売することになる。

当時任天堂の社長であった山内博の肝入りであったFCの映えあるローンチタイトル3本の中の目玉タイトルとして発売されたのがFC版『ドンキーコング』である。

f:id:zel_8bit:20200119133303j:plain

ちなみにローンチタイトルだった3本とは『ドンキーコング』『ドンキーコングJR.』『ポパイ』であり、3本中2本が『ドンキーコング』シリーズということにも当時の人気の高さが窺える。

f:id:zel_8bit:20200119103250p:plain

AC版に対しFC版は容量の関係で、ゲーム開始後とクリア後のデモがカットされている。

また本編に関しても全4ステージの内、第2ステージが削られており、全3ステージとされた他、2種類あったBGMも1種類となっているなど細かい変更は多々ある。

f:id:zel_8bit:20200119103303p:plain

しかしながら、それまでのACゲームの家庭版は絵が違ったりステージが1つしか遊べなかったりしたのに比べ、本作はAC版と見まごうほどの移植度の高さであり、FC本体販売のスタートダッシュにかなり貢献することとなった。

販売本数は88万本であり、これは1,252本あるFCソフトの中でも46位の成績である。

 

最後に

f:id:zel_8bit:20200119103247p:plain

ドンキーコングやマリオがデビューし、ジャンプACTの基礎となり、十字キー初搭載やFCローンチを飾ったタイトル。

任天堂の命運を大きく変えただけではなく、ゲームの歴史にも多大な影響を与えた作品と言っても過言ではない。

f:id:zel_8bit:20200119103300p:plain

筆者はFC版が発売された時はまだFC本体を持っていなかったが、前述したゲーム&ウオッチ版などで本作を知っており、あの『ドンキーコング』が自宅のテレビで、しかもカラー画面でプレイできると知った時は衝撃を受けたものだ。

FC本体を持っている年上の友達の家などで、目をキラキラさせながら遊ばせてもらったのが懐かしい(笑)。

f:id:zel_8bit:20200119103315p:plain

FC初期の古いゲームではあるが、ジャンプACTとして絶妙なバランスや可愛らしいキャラクター、ウキウキしてくるBGMと効果音など、令和になった現在でも楽しむことができる完成度は素晴らしい。

f:id:zel_8bit:20200119103323p:plain

その後数々のシリーズを産み、スーパーマリオブラザーズの原点にもなった本作は任天堂が世界に誇れる名作であることは間違いない。

今回はゲーム史に名を残すジャンプアクションの草分け的タイトル『ドンキーコング』の紹介でした!

 

あわせて読みたい

www.zel-life.com

www.zel-life.com

www.zel-life.com

 

 

 

 

スポンサーリンク
       

このサイトについて|プライバシーポリシー