サブカルチャーのある生活

いろんなサブカルコンテンツをゆる〜く紹介

【バンゲリングベイ】新兵器ボイス機能搭載!2コンに向かい雄叫びをあげろ‼︎【ファミコン・ハドソン・クソゲー・レビュー】

f:id:zel_8bit:20190316072241j:plain

 

オススメ度:★☆☆☆☆

 

『バンゲリングベイ』は1985年2月22日にハドソンよりファミリーコンピュータ用ソフトとして発売されたシューティングゲーム。

元々は1984年にアメリカのブロードバンド社が「コモドール64」用に開発・販売したタイトルだが、これをハドソンがファミコン用として移植した。

『バンゲリング帝国三部作』のひとつであり、原題は『Raid of Bungeling Bay』であり「バンゲリング湾 強襲」という意味である。

 

スポンサーリンク

 

バンゲリングベイとは

f:id:zel_8bit:20190316072655p:plain

198X年、突如カリブ海に現れた謎の次元侵略者「バンゲリング帝国」により地球は侵略を受けていた。

そのバンゲリング帝国に、一隻の最新鋭空母「R・レーガン」が反撃を開始する。

プレイヤーは「R・レーガン」に搭載された最新攻撃ヘリを操縦して空母を守りつつも「バンゲリング帝国」の拠点を破壊するのが目的である。

 

 

バンゲリング帝国三部作

「バンゲリング帝国」との戦いを舞台に描かれるブロードバンド社の開発による3つのタイトルを「バンゲリング帝国三部作」と呼ぶ。

f:id:zel_8bit:20190316074021p:plain

バンゲリング湾への強襲作戦を描く『バンゲリングベイ』。

 

f:id:zel_8bit:20190316072903g:plain

バンゲリング帝国に強奪された金塊の奪還を描く『ロードランナー』。

 

f:id:zel_8bit:20190316072914p:plain

バンゲリング帝国につかまった捕虜の救出劇を描く『チョップリプター』。

 

すべてファミコンに移植されており、『バンゲリングベイ』と『ロードランナー』はハドソンより、『チョップリプター』はジャレコより発売されている。

f:id:zel_8bit:20190316082649p:plain

ちなみにファミコン版『バンゲリングベイ』のパッケージに描かれている髑髏は「バンゲリング帝国」の兵士サイバーダインである。

 

ゲームシステム

f:id:zel_8bit:20190316072605p:plain

戦闘ヘリを操り、自軍の空母を護衛しながら敵バンゲリング帝国の工場をすべて爆破することを目指す。

上空から見下ろすタイプのプレイ画面であり、十字キーの左右で旋回、上下でスピードの調整をするラジコン方式の操作法である。

f:id:zel_8bit:20190316072631p:plain

戦闘ヘリはHP式であり、ダメージが蓄積すると動きが鈍くなってくる。

100画面分の広大なMAPを自由に飛び回りながら作戦を進めてゆく。

2人用モードがあり、戦闘ヘリを操縦する側とバンゲリング帝国側に別れて対戦することが出来る。 

 

Ⅱコンのマイクで敵を呼ぶ

f:id:zel_8bit:20190316073134p:plain

ファミコンのⅡコンに搭載されているマイクに向かい大声をあげると敵の戦闘機が自機の周りに呼び寄せられる。さらに爆撃機も戦闘機に変わり、膨大な量の敵に一斉に囲まれてしまい大ピンチに陥る。

f:id:zel_8bit:20190316073955p:plain

特にゲーム開始と同時にⅡコンに奇声を発すると一斉に敵が空母に集まり、自機は空母を離陸する隙すら与えられず撃墜される。

友達がプレイしている時にこれをすると高確率で喧嘩になる。

f:id:zel_8bit:20190316073910p:plain

Ⅱコンに叫ぶ時は何か言葉を叫ぶのではなく人を小馬鹿にしたような奇声を発して敵を呼び寄せるのが友達を怒らせるコツである。

バカにされ、自機を撃破された友達は殴りかかってくる可能性が高いが、筆者の小学校ではこれを『バンゲリングパンチ』と呼び、殴られても仕返ししてはならないという暗黙のローカルルールがあった。

f:id:zel_8bit:20190316073421p:plain

余談であるが、ファミコンのⅡコンのマイクは音声を拾う為の穴が23個あるが本物は1つであり残りはフェイクである。

 

ハドソンの販売戦略

f:id:zel_8bit:20190316074332j:plain

ハドソンは本作の発売に際し、コロコロコミックとの大々的なタイアップを図った。

当時子供たちのコロコロコミック購読率は非常に高く、そのコロコロコミックの誌中にて行われた宣伝効果も高かったため、世のファミっ子たちに「すごい面白そうなゲームが発売されるぞ!」というイメージを植え付けることに成功した。

ファミっ子たちがまんまと騙された伝説のキャッチコピーは下記の3つだ!

 

『ファミコン初の16方向スクロール!』

f:id:zel_8bit:20190316075424j:plain

16スクロールのラジコン方式の操縦方は当時のファミっ子は慣れておらず、操作が難し過ぎて投げ出す者が続出した。

テンパると混乱して、その場をクルクル回り続けながら撃破されることが多々あった。

 

『100画面にも及ぶ広大なマップ!』

f:id:zel_8bit:20190316075309p:plain

100画面のマップは当時としては膨大に広い、にも拘らずミニマップが無いため100画面すべてを暗記しなければならなくすぐに迷子になる。

敵の工場を全て破壊すればラウンドクリアなのだが、工場の位置が分からない。

 

『Ⅱコンのマイクに向かって『ハドソン』と叫ぶと何かが起こる!』

f:id:zel_8bit:20190316074910p:plain

注)こんなの出てきません



何かが起こるもなにも、敵が自機に群がり撃墜されるだけである。

しかも前述したとおり別に「ハドソン」じゃなくても奇声でも雄叫びでもなんでもいいのだ。

f:id:zel_8bit:20190316074502j:plain

喧嘩になると分かっていても、このゲームをプレイ開始すると必ずやってしまう。やらなきゃハドソン!

 

筆者と『バンゲリングベイ』

筆者はこのソフトを所有していませんでした。

発売直後は話題性がありかなり売れましたが、1ヵ月もすると完全にクソゲーというレッテルが張られ、ファミコン中古ショップの100円ワゴンセールなどでたくさんの『バンゲリングベイ』が陳列されることになりました。

f:id:zel_8bit:20190316075736j:plain

あの悪名高きファミコン本体との抱き合わせ商法でもNo.1の抱き合わせ率を誇るタイトルだったと思います(当社比)。

 

マンガ『銀魂』でもクソゲー過ぎて“辛口”ゲーム”と紹介されています(笑)。

f:id:zel_8bit:20190316074550j:plain

しかし近年になりレトロゲームファンの間では、システムを理解したうえでこのゲームをプレイするとそこまで酷くないと再評価され始めています。

30年の時を経てやっと時代が『バンゲリングベイ』に追いついたと言ったところでしょうか。

f:id:zel_8bit:20190316074811j:plain

筆者は幼い頃、友達の家でこのゲームを遊ばせてもらっていたのですが、最初の内はⅡコンボイス機能を知らず、やたら敵が群がってきて離陸すらできない難しいゲームだなと唸っていました。

しかし隣でⅡコンに向かいなにやら奇声を発している友達に問いただしたところ、敵を呼び寄せてたのはソイツだと知り、怒りのあまりバンゲリングパンチを(略)。

f:id:zel_8bit:20190316080018p:plain

それでもⅡコンに狂ったように2人で雄叫びをあげてるうちに、それがとても面白くなってきてゲラゲラ笑いながらプレイしていました。

笑い声と奇声が響き渡り続ける異様な光景に友達のお母さんがキレて「外で遊んできなさい!」と家を追い出されたのも良い思い出です(笑)。

f:id:zel_8bit:20190316080126p:plain

今回はゲームを攻略するよりⅡコンマイクに奇声を浴びせる事が楽しかった『バンゲリングベイ』の紹介でした。

 

あわせて読みたい

www.zel-life.com

www.zel-life.com

www.zel-life.com

 

 

 

 

スポンサーリンク
       

このサイトについてプライバシーポリシーお問い合せ