サブカルチャーのある生活

お酒とサブカルを愛する昭和生まれの徒然草

【魔界村】アーケード版より数段難易度が高いファミコン版

f:id:zel_8bit:20180606220649j:plain

 

オススメ度:★★☆☆☆

 

1986年6月13日にCAPCOMから発売されたサイドビューアクションゲーム。

元はアーケード用ゲームの名作として大ヒットしたタイトルのファミコン移植版である。

移植開発はマイクロニクス。

移植の質が悪いマイクロニクスであるがこの作品も例外なく劣化ゲームと化す羽目になっている。

オリジナルであるアーケード版の方はロックマンシリーズを始めとする、カプコンのお家芸とも言うべき高難度アクションゲームだが、やり込んでいけば目に見えて上達を実感できる優れたバランスと、これまでの作品と一風変わった西洋ファンタジー風の独特な世界設定やキャラクターの魅力により、カプコンを代表する新たなアクションゲームシリーズの礎となった。

 

スポンサーリンク

 

 

魔界村とは

CAPCOMお家芸の横スクロール2Dアクションゲーム。

1985年にアーケードにて稼働開始された。

f:id:zel_8bit:20180606221617p:plain

王国の騎士が捉われの姫を救うため魔物の蠢く魔界を突き進むというファンタジックかつ王道な設定や魔界を舞台にした独特な世界観を表現する美しいグラフィック。

おどろおどろしいながらもどこかコミカルで愛嬌のある魔物たち。

そして一筋縄ではいかないストイックな難しさが好評で、この時代のアーケードゲームではトップクラスの人気を誇っていた。

CAPCOMの代表作の1つである。

 

劣化が酷かったファミコンへの移植

移植の質の悪いマイクロニクスによってファミコンへの移植がなされた。

魔界村がお茶の間でプレイできる事を楽しみにしていたゲーマーと子供達の期待を予想通り裏切る酷い劣化版となった。

f:id:zel_8bit:20180606221658j:plain

キャラクターの動きがガクガクでBGMの再現性も低い。

ファミコン版独自の追加要素も相まって、ゲームバランスが大きく変化してしまい、もともと難しかったアーケード版に比べて更に難易度が上昇してしまい稀代の激ムズゲームと化してしまった。

f:id:zel_8bit:20180606221808p:plain

特にアーケード版にはなかったアイテムである「偽キング像」は取ると強制的にカエルに変身させられるので致命傷となる。

幼かった筆者はこのゲームの難易度に驚愕し、アーケードゲームをやっているお兄ちゃん達はこのレベルのゲームをプレイしているのかと尊敬しましたが、魔界村に関してはファミコン版の方が数段難易度が高いと知ったのはその数年後でした。

 

 

ゲームシステム

鎧を着た主人公の騎士アーサーは拐われたプリンセスを救う為、魔物が蠢く不気味なステージを武器を投げて敵を倒しながら進んでいきます。

f:id:zel_8bit:20180606221843p:plain

敵に接触するか、敵の攻撃を受けると鎧が剥げパンツ一丁の姿となり、その姿でまたミスをすると骨と化し1機失います。

f:id:zel_8bit:20180606221925g:plain

武器は5種類ありゲームを進めていくとアイテムとして武器が出現し、取るとその武器に変更されます。

武器によって特色や癖があるので、苦手な武器が出現したらスルーするのも基本テクニックです。

f:id:zel_8bit:20180606222022j:plain

槍(ランス)→アーサーの初期装備。前方にまっすぐと飛ぶスタンダードな武器。

短剣→槍と同じく前方に飛んでいく武器。槍を上回る弾速を持ち連射が可能である為ファミコン版では1番人気。

たいまつ→緩やかな放物線を描いて飛び、着弾すると爆発し炎をあげる。

斧→放物線を描いて飛ぶ。敵を貫通する。

十字架→槍や短剣と同じくまっすぐ飛んでいく。射程が非常に短いが、敵の吐く弾を相殺できる唯一の武器。これを持っていないと大魔王と戦うことはできない。

f:id:zel_8bit:20180606222224p:plain

余談だが拐われるプリンセスの名前はプリンプリン。

オープニングシーンではアーサーとプリンプリンがデートをしているところに突如レッドアリーマーが現れプリンプリンが連れ去られるのだが、夜中に不気味な墓場で2人きり、しかもアーサーはパンツ一丁でいた為「この2人は何をする気だったのか?」と当時話題になりました。

 

 

BGMと雰囲気は最高 

そんな劣化版と言われたファミコン版魔界村ですが、アーケード版をプレイしたことのない子供だった筆者はそれでも憧れの魔界村が我が家で遊べるのが嬉しくて夢中になってプレイしました。

とても難しかった為、1面クリアするのも何日もかかかった記憶があります。

そんな激ムズなゲームでしたが雰囲気とBGMが好きで飽きずに何度もチャレンジできました。

それでも3面が最高記録でありクリアできなかったタイトルです。

 

f:id:zel_8bit:20180606222654p:plain

特に難関だったのが雑魚キャラの分際でボスより強いレッドアリーマーという凶悪な敵です。

素早く空を飛び回り、こちらの攻撃は避けるわフェイント攻撃を仕掛けてくるわでとても勝てる気がせず絶望を味わわされました。

1面の中盤で早々にこいつが出てくる為1面クリアに何日も掛かったのです。

 

f:id:zel_8bit:20180606222949p:plain

コイツです!コイツに1000回以上殺されました!ムッキー!(怒)

 

2面も相当手こずりながらも何とか突破すると3面でレッドアリーマーが3〜4匹連続で出現する場面があり、筆者はここが突破できずゲームを断念しました。

全7ステージの中盤まですら辿り続けずの挫折でした。

f:id:zel_8bit:20180606223524p:plain

この先更に難易度が上がるかと思うととてもじゃないけど筆者レベルのへっぽこゲーマーにはクリアは無理だと諦めました。

しかもこのゲーム1周目では終わらなく、また1から2周目をクリアして初めてエンディングなんですよ!

f:id:zel_8bit:20180606223545j:plain

ファミコン版魔界村を完全クリアした人は筆者の友達では居ませんでした。

しかしその難しさにも拘わらず販売本数は164万本で歴代ファミコンソフトの中でも11位のスマッシュヒットとなりました。

難しくてクリアを挫折した苦い思い出のゲームでもありますが、長い間ハマって遊べたのでなんだかんだ言って魅力がある事も間違いないタイトルでもあります。

今回は「魔界村」の紹介でした。

 

 

スポンサーリンク