サブカルチャーのある生活

お酒とサブカルを愛する昭和生まれの徒然草

【あさひなぐ】運動神経0で気も弱いメガネっ娘JKが薙刀と出逢い、仲間と共に成長していく青春部活物語!

f:id:zel_8bit:20180416233019j:plain

 

オススメ度:★★★★☆

 

才能があるとかないとか、向いてないとか小さいとか貧乳だとか!

大きなお世話なんです!私の心の中は、ものすごい野望でいっぱいなんですから!

 

こざき亜衣先生による高校生の部活動としてはマイナーである薙刀を題材にした漫画。

ちなみに、作者は高校時代は美術部に所属しており薙刀に関しては未経験者であったため、連載開始までに1年かけて薙刀を取材している。

 

 

 
スポンサーリンク

 

 

あらすじ

ビックコミックスピリッツで連載中であり、25巻まで発売されている(2018年4月現在)

高校入学を機に今までとは違う自分になる、と決意した15歳の高校1年生・東島旭(あさひ)はひょんなことから薙刀部に入部することに。

強い女になりたいという想いを抱き、曲者揃いの薙刀部で無い無いづくしの旭の奮闘が始まる。

 152cmと背が低くて非力、眼鏡がトレードマークで周りから「ぼんやり眼鏡」などと呼ばれるドジっ子。

運動音痴で入部当初縄跳びを10回すら飛べなかった。

しかし先輩に支えられ、仲間達の背中を必死に追っていく内にその強さを開花させていく。

 

少女たちの熱き想いがぶつかる

可愛い絵柄にコミカルなギャグもちょくちょく挟んでくるので最初は日常系ゆるふわ漫画かと思いきやトンもない。

スポ根系と言っても過言ではありません。

f:id:zel_8bit:20180416233047j:plain

 青春部活漫画としてはトップレベルの熱さだと思います。

少女たちの友情、そしてプライドのぶつかり合い、溢れ出る情熱に呑み込まれ毎巻泣いてしまいます。

f:id:zel_8bit:20180416233107j:plain

のちに旭のライバルになる一堂寧々(ねね)。

1年でエース。ライバル校である國陵高校を全国大会出場に導いた立役者です。

慣れ合うのを極端に嫌う攻撃的な性格で、部では全く溶け込もうとせず孤立しています。

出会った頃は寧々の足元にも及ばなかった旭が、成長して互角に挑んでくるのを許せない反面、嬉しく思っているのが感じられます。

f:id:zel_8bit:20180416233027j:plain

この二人の戦いが熱い!絶対に負けられない戦い。

しかし勝負の世界は冷酷だということを痛感させられます。

その場に挑むために大変な修行を乗り越え、血の滲むような想いをして此処まできました。

”双方とも”です。

この漫画は本当に「両方に勝たせてあげたい」と思う試合ばかりです。

 

仲間と共に弱さを乗り越える

決して天賦の才を持った子ばかりではありません。

努力しても勝てない子や、怪我に悩まされる子、部活以外に問題を抱えている子もいます。

f:id:zel_8bit:20180416233147j:plain

プレッシャーに押し潰され、泣き崩れる部長、野上えり。

そんな部長の隠し続けてきた弱音を聞いた後輩の紺野さくらは 

f:id:zel_8bit:20180416233153j:plain 

部長辞退勧告……

冷たいように思えるその言葉の裏には深い優しさが

f:id:zel_8bit:20180416233205j:plain

 

f:id:zel_8bit:20180416233159j:plain

 

f:id:zel_8bit:20180416233211j:plain

似た者同士だからこそ理解できる想い。

さくらの優しさはえりを暗闇から救います。

新部長誕生のシーンは感動でした。

 

護られる立場から背中を見せる立場へ

 旭が2年生に進級すると新入生が3名入部してきます。

その中の一人、愛知薙(なぎ)は中学から名門校で薙刀を嗜んできたエリートでした。

f:id:zel_8bit:20180417002431j:plain 

レギュラーは先輩順じゃなく、強いもの順にする事を提案する薙。

この事が原因で仲良くここまで頑張ってきた二ツ坂高校薙刀部 に亀裂が走り雰囲気が悪くなっていきます。

強い者が代表選手になるのは武道の世界では当然のことです。

しかし薙がここまで試合出場に固執するのには理由がありました。

名門校である藤ケ丘高校薙刀部で顧問を務める母親に認めてもらいたかったのです。

母親に認めてもらいたい、褒めてもらいたいという一心だけで”好きでもない”薙刀を続けてたのでした。

その腕前で1年生で見事レギュラーを勝ち取った薙でしたが、大会の個人戦で薙の母の率いる藤ケ丘高校と当たります。

藤ケ丘高校の代表選手は、薙の母親である愛知監督に幼いころから指導を受けており、その資質から寵愛され期待を一身に背負っている新田でした。

絶対に負けたくない一戦で薙は敗れてしまいます。そして試合後に…

f:id:zel_8bit:20180416233239j:plain

 

f:id:zel_8bit:20180416233246j:plain

薙刀を辞める決意をする薙……

しかしそんな薙を支えたのは薙が散々生意気な態度を取ってきた二ツ坂高校の仲間達だった。

 

仲間達の優しさに救われ、もう一度立ち直り団体戦に出場する薙。

負けたら終了という状況で先ほど敗れた新田と再度当たります!

格上である新田に対し「先輩たちに繋ぎたい!」「まだ終わりたくない!」「この部で薙刀を頑張りたい!」という強い想いで挑みます。

f:id:zel_8bit:20180416233253j:plain

 

f:id:zel_8bit:20180416233304j:plain

なんとか新田相手に引き分けに持ち込み、希望を大将である旭に繋ぎます!

f:id:zel_8bit:20180416233315j:plain

 

f:id:zel_8bit:20180416233321j:plain

二ツ坂高校薙刀部がひとつになった瞬間です。

言葉は要りません。

f:id:zel_8bit:20180416233329j:plain

後輩のためにも、仲間のためにも、ライバルの一堂寧々のためにも負けるわけにはいかない!

絶対に負けられない戦いが始まります!

 

学園部活青春群像劇の最高峰

 

 

f:id:zel_8bit:20180416233124j:plain

 

少し恋のエピソードもあったりもしますよ!女子高生だもん(笑)

 

如何でしたか?

少女たちの青春を賭けた熱い薙刀道。

今回紹介したエピソードはほんの少しでしかありません。

登場人物全員に想いがあり、夢があります。

 

f:id:zel_8bit:20180417211206j:plain

 

 

熱く魂が揺さぶられるようなスポーツ漫画「あさひなぐ」

自信を持ってお勧めできる傑作です。

機会があればぜひ読んでみてください。

今回は「あさひなぐ」のしょうかいでした。

 

スポンサーリンク