サブカルチャーのある生活

お酒とサブカルを愛する昭和生まれの徒然草

【乙嫁語り】19世紀、中央アジアカスピ海周辺の地域を舞台に、「乙嫁」をキーワードに厳しい自然の中に生きる少女たちの生活を描く。【感想・あらすじ・ネタバレ】

f:id:zel_8bit:20180415214953j:plain

  

乙嫁とは、「弟の嫁」「年少の嫁」を意味する古語である。出版元であるエンターブレイン のサイトでは乙嫁を「美しいお嫁さん」の意であると記している。

厳しい自然の中に生きる人々の生活と文化、時に人間の愚行を織り交ぜた物語を緻密で丁寧な画で描く。

 

 

 
スポンサーリンク

 

  

あらすじ

作者森薫先生はかなり歴史を勉強して、取材に基づいて漫画を描いていると見受けられます。

読みながらなるほどと唸り、感動しながらも先の展開を楽しみに読んでおります。

複数の「乙嫁」を中心にオムニバス形式で物語は進んでいきます。

どの「乙嫁」も本当に可愛いんです!

読んでてニヤニヤしちゃいます。

可愛すぎて鼻血出ます。

 

カルククとアミル

f:id:zel_8bit:20180415215019j:plain

19世紀後半の中央アジア。街に定住するエイホン家の跡継ぎであるカルルクのもとに、北方の移牧民(半定住・半遊牧民)ハルガル家から20歳の花嫁、アミルが嫁いできた。花婿カルルクはまだ12歳。

それでも二人は互いを大切にし、少しずつ夫婦の絆を深めていく。

 

スミスと未亡人タラス

f:id:zel_8bit:20180415221902j:plain

イギリス人のスミスはカラザの街で友人を探し訪ね歩いた。

その隙に荷物ごと馬を盗まれてしまう。

そこへ同じように馬を盗まれた美しい婦人、タラスが現れる。

彼女は未亡人で、馬は亡き夫の大切な遺産だった。

幸いにも市の支配人の尽力により二人の馬は取り戻され、この事件をきっかけにタラスから家に招待されるスミス。

数日を一緒に過ごすうちに、スミスとタラスはそれぞれに相手に惹かれるようになっていく。

 

スポンサーリンク

 

 

双子姉妹のライラとレイリと幼馴染の兄弟サームとサーミ

f:id:zel_8bit:20180415221256j:plain

結婚適齢期だがまだまだ子供のライラとレイリは、玉の輿を夢見て人騒がせな婿探しを繰り広るが、紆余曲折の末、幼馴染のサーム、サーミ兄弟と結婚することとなった。

ライラとレイリは式の支度や披露宴でも騒動を繰り広げるが、どうにか周囲の人たちの祝福を受けて無事に嫁いでいく。

おてんば姉妹はいざ結婚する事になり初めて本当の恋と、家族への深い感謝の気持ちに気づき少女から女性へと成長する。

 

不器用なパリヤとウマル

f:id:zel_8bit:20180415223427j:plain

パリヤ自身は縁談相手のウマルのことを悪しからず想っているのだが、自分でも自覚しているつっけんどんな態度をウマルの前で披露してしまっては自己嫌悪に陥るのだった。

刺繍が得意ではないパリヤだったが、バルキルシュの「誰かを想って縫う」というアドバイスによって、パリヤの父母も見直す出来栄えとなる。

人を想う気持ちを通し、素直になりたいと心から思ったパリヤは勇気を出して自分の気持ちを伝えるのであった。

 

万人にお勧めできる素晴らしい漫画

厳しい自然の中で強く生きる民族。

そんな中でも人は恋をし、相手を想い、家族を作り、子孫を残す。

強く儚い女性を描く素晴らしい漫画です。

絵もとても綺麗であり、登場人物、動物、民族衣装や料理まで全てが最高水準で描かれてます。

ぜひ読んで頂きたい作品の一つです。

 

今回は「乙嫁語り」の紹介でした。

 

あわせて読みたい

 

www.zel-life.com

 

 

www.zel-life.com

 

 

www.zel-life.com

 

 

 

スポンサーリンク