サブカルチャーのある生活

お酒とサブカルを愛する昭和生まれの徒然草

【天外魔境 ZIRIA】CD-ROM2渾身のRPG !たくさんの続編、リメイクが発売された名作を紹介。【レビュー・攻略・マップ・PCエンジン・カブキ・ツナデ】

f:id:zel_8bit:20181123063613j:plain

 

オススメ度:★★☆☆☆

 

1989年6月30日にPCE CD-ROM2用ソフトとしてハドソンから発売されたロールプレイングゲーム。

「外国人から観た誤った日本観」をコンセプトとする「ジパング」という架空の国を舞台にした天外魔境シリーズの1作目。

その後続編制作、他機種移植、リメイク、アニメ化、小説化など様々な形でメディアミックス化されるシリーズとなる。

ディレクター広井王子、音楽坂本龍一など錚々たるメンバーが製作陣に名を連ねる事で話題になった作品。

 

スポンサーリンク

 

  

天外魔境とは

f:id:zel_8bit:20181123064628j:plain

世界初のCDゲームハード「CD-ROM2」の記念すべき初RPGタイトルでありゲーマーたちの期待はとても高かった。

外国人の目から見た日本をモデルにした架空の国「ジパング」という世界で繰り広げられる冒険活劇。

f:id:zel_8bit:20181123064540j:plain

当時は数少ない和風RPGという事で同じハドソンで1987年に発売された『桃太郎伝説』の制作スタッフも開発に協力した。

広井王子へのインタビューによると、天外魔境は「3部作3シリーズ」という『スターウォーズ』と同様の構想があったとの事。

本シリーズは最終的に累計で220万本以上のセールスを記録している。

 

あらすじ 


[GAME BGM] タイトル画面 - 天外魔境 ZIRIA (PCE)

 

f:id:zel_8bit:20181123085532p:plain

世界の東の果てにある国「ジパング」。

四季折々の花が咲き乱れる美しく平和な国であったが、今から千年前、ある男によって滅亡の危機に晒されたことがあった。 

f:id:zel_8bit:20181123085322p:plain

その男の名は「マサカド」。

マサカドはジパングを自らの理想郷とするべく破壊の限りを尽くし、生物は死に絶えようとしていた。

f:id:zel_8bit:20181123085503p:plain

だがその時、「火の一族」と名乗る者たちが現れ、マサカドへと戦いを挑んだのである。 
戦いは百日に及び、火の一族の多くが死に絶えた。そして死闘果てに、火の一族は“3つの玉”の力でマサカドを地の底深く封印することに成功したのであった。

こうして、ジパングには平和が訪れた。 
f:id:zel_8bit:20180410010749j:plain

しかし、その平和は長くは続かなかった。マサカドを甦らせんとする魔の手が、ジパングに忍び寄りつつあったのである。 
物語は坂東地方にある筑波山から始まる。ここでは、マサカドとの戦いで生き残った火の一族の末裔の少年ジライヤが、師匠のガマ仙人の元で修行を積んでいたのだが… 

 

スポンサーリンク

 

 

主人公

主人公は「火の一族」の末裔である3名の若者。

ジライヤ

f:id:zel_8bit:20181123065452j:plain

火の一族、ガマ族の末裔。ガマ仙人の元で育てられ、マサカド復活をたくらむ大門教を討ち果たすために旅立つ。

得物は刀、特技は「ぬすむ」。

 

ツナデ

f:id:zel_8bit:20181123065504j:plain

火の一族、ナメクジ族の末裔。

怪力が自慢の少女。ナメクジ族なので塩が苦手。得物は斧、特技は「うそなき」。

 

オロチ丸

f:id:zel_8bit:20181123065520j:plain

火の一族、ヘビ族の末裔。江戸のショーグンに育てられ、直属の密偵となる。

ショーグンが大門教に入信したため、ジライアとともに戦うことを迷っている。

得物は弓、特技は「ながしめ」。

 

CD-ROM2による驚きのサウンド&セリフを喋るキャラクター

f:id:zel_8bit:20181123085713p:plain

当時ゲームはまだまだ8bit音源が主流であった為、オープニングで坂本龍一のBGMがCD音源で流れ出した時は感涙もであり、これから起こる冒険活劇に胸を躍らせた。

とは言っても坂本龍一の作曲BGMはオープニング、エンディングともう一曲の三曲だけである。

f:id:zel_8bit:20181123085721p:plain

キャラクターが喋るという事も驚愕であった。

まるでアニメの様に声優が演じるオープニングムービーを目を丸くして見てたものである。

しかしまだまだ容量や技術の問題でオープニングしか喋らないのだが(笑) 

f:id:zel_8bit:20180410010753j:plain

その容量も当時にしては膨大であり、かつて無い広さの世界を思う存分冒険をした。

当時のファミコンなどのRPGの4倍ほどのボリュームがあった。

その容量を生かし、隠し要素や寄り道要素が散りばめられており、かなり細かい部分まで作り込まれていた。

 

スポンサーリンク

 

 

ゲームシステム

f:id:zel_8bit:20181123070329j:plain

寄る先々の村や城下町では問題が起こっていて、その問題を調べていくと必ず各地方の大門教の息の掛かった領主が原因だとわかる。
領主(人間に姿に化けた妖怪)をとっちめて平和を取り戻し、次の町に旅立って行くというストーリー運びだった。

 

f:id:zel_8bit:20180410010757j:plain

登場人物も個性豊かで、仲間と共に歩む道中はとても楽しいものとなっている。

敵も愛嬌のある者から憎たらしい者まで揃っていて飽きない。 

f:id:zel_8bit:20181123070629j:plain

水戸黄門などの日本ならではの人物も登場する。

様々な人々と出会いながら主人公たちは成長していく。

 

戦闘

f:id:zel_8bit:20180410010807j:plain

戦闘シーンはオーソドックスなターン制バトル。

これは従来のRPGのスタイルを踏襲している。

f:id:zel_8bit:20181123070817p:plain

ジライヤは刀による攻撃に加え、術も使えるオールマイティーキャラ。

ツナデは小柄な女の子だが巨大な斧での攻撃が得意な肉弾戦タイプ。

オロチ丸は華奢な色男、様々な術を使いこなす魔法使いタイプ。

f:id:zel_8bit:20181123070109j:plain

CD-ROM2容量を生かし、敵の種類は相当のもの。

様々なタイプの敵を相手に三人の特性を活かしながら戦闘を有利に進めよう。

その描写も細かく描かれ臨場感は高く戦闘は盛り上がるものとなっている。

 

スポンサーリンク

 

 

ゲーム業界の確かな進歩を知らしめた意欲作

f:id:zel_8bit:20180410010804j:plain

 のちに数々のナンバリングタイトル、スピンオフタイトルを発売する事になる天外魔境シリーズの第1作目。

1989年は昭和が終わりを告げ、平成が始まった年です。

世の中はあらゆるジャンルでとても勢いのある時代でした。

もちろんゲーム業界も多分に漏れず、新しいテクノロジーで日に日に進化していきました。

f:id:zel_8bit:20181123072441j:plain

そんな中で世界で初めてCD媒体のRPGとして世に出た今作。

まだまだ問題は山積みで(ローディングが遅い事などの)改善すべき点は多々ありましたが、それでもゲームの未来を感じさせるという役割をしっかりと果たしてくれた力作でした。

f:id:zel_8bit:20181123072509j:plain

今回は『天外魔境ZIRIA』の紹介でした。

 

あわせて読みたい

www.zel-life.com

www.zel-life.com

www.zel-life.com

 

 

 

 

スポンサーリンク
       

このサイトについてプライバシーポリシーお問い合せ