サブカルチャーのある生活

お酒とサブカルを愛する昭和生まれの徒然草

【ファミコン探偵倶楽部PartⅡ うしろに立つ少女】夜一人で学校にいると、後ろから誰かの呼ぶ声がする。振り返ると、そこには血染めの少女が立っている…

f:id:zel_8bit:20180409230150j:plain

 

オススメ度:★★★★☆

 

1989年5月23日に任天堂よりファミコンディスクシステム用ソフトとして発売されたテキスト型アドベンチャーゲーム。

前作の消えた後継者より1年後の発売となった。

物語は前作より3年前のストーリーとなる。

主人公が探偵になる経緯や助手の橘あゆみとの出逢いも描かれる。

 

スポンサーリンク

 

 

あらすじ

河原で発見された女子高生の死体の調査を依頼された主人公は、首に残された跡から絞殺であることを発見する。

遺体発見現場付近で発見された生徒手帳によると、少女は丑美津高校に通う1年生、小島洋子であると判明する。現場には少女の同級生である橘あゆみと、担任の日比野達也が訪れていた。

あゆみの話によると、洋子はあゆみとともに探偵クラブというサークルを結成していたという。

洋子の母親の証言や学校内での調査により、洋子は丑美津高校に纏わる怪談『うしろの少女』について調査していた事が発覚する。

『うしろの少女』とは、『夜一人で学校にいると、後ろから誰かの呼ぶ声がする。

振り返ると、そこには血染めの少女が立っている』という内容だった。

美術教師の駒田によると、15年前の11月に同校の浅川しのぶという女生徒が行方不明になった頃から語り始められたとされる。

f:id:zel_8bit:20180409234449j:plain

 

古き伝承から都市伝説へ

前作が田舎の村の伝説と連続殺人の話だったのに対して、今作は都会の闇に紛れる不気味な噂と現在と過去の殺人事件の話である。

 

www.zel-life.com

 

恐怖、再び…

前作の3年前、失踪した両親を探して家出をしてるところを探偵空木俊介に拾われ、住み込みで見習い探偵を始めたばかりの15歳の若き主人公。

そして助手となりいくつかの事件解決を手伝ってきた数ヵ月後のある日の朝、空木探偵事務所に鳴り響く1本の電話のベルが、恐怖の事件の幕開けを告げた。

f:id:zel_8bit:20180409231551j:plain

ある朝、河川敷に女子高生の水死体が上がる。

警察の見立てでは事故だと思われてたいたが、主人公の鋭い洞察力によりこれが殺人事件だと断定されるところから物語は始まる。

f:id:zel_8bit:20180409232524j:plain

亡くなった女子高生は丑美津高校の1年生「洋子」という生徒だった。

親友である橘あゆみは洋子が亡くなる前の数日様子がおかしかったと語る。

うしろの少女は、本当にあなたのうしろに立っているかもしれない…」と意味不明な言葉を呟いていたと…

洋子の死に不自然さを抱く主人公とあゆみ。

丑美津高校に伝わる「後ろの少女」の言い伝えとは…

 

デュアルストーリー形式のミステリーノベル

f:id:zel_8bit:20180409232502j:plain

 本作は舞台となる丑美津高校に伝わる怪談「後ろの少女」を軸に同高校に在籍していた少女の殺人事件と、別件であるはずの時効寸前の15年前の殺人事件を同時に読み解くデュアルストーリー形式のミステリーアドベンチャー。

 

 

学校の怪談をモチーフとした終始漂う不気味な雰囲気が特徴である。

一見全く関係性のない様に思える15年前の殺人事件と今回の殺人事件が、捜査を進めていく内に密接に関係しているのが徐々に判明してくるのが堪らない。

f:id:zel_8bit:20180409233529j:plain

 全ての謎を解き、犯人の前に対峙した時、主人公は何を思うのか?

前作を上回る恐怖と戦慄にあなたは耐えられるか?

 

名作と謳われた前作に劣らぬ秀逸なストーリー

f:id:zel_8bit:20180513054558j:plain

全ての登場人物に人生の背景があり、そのしがらみが切ない。

避ける事のできなかった哀しき殺人がそこにはあった。

 

前作と共にBGMが素晴らしい。

物哀しい曲、不気味な曲、感動的な曲…

全てのシーンで場面にぴったりのBGMがゲームを盛り上げます。

 

ファミコン探偵倶楽部 うしろに立つ少女はバーチャルコンソールで購入できます。

平成元年に発売されたサスペンスアドベンチャーの金字塔、ぜひこの機会にPlayしてみてください。

ディスクシステム版は今Playすると流石に辛いと思うので、のちにリメイクされたSFC版をオススメします。

今回は「ファミコン探偵倶楽部 うしろに立つ少女」のしょうかいでした。

 

スポンサーリンク