サブカルチャーのある生活

いろんなサブカルコンテンツをゆる〜く紹介

【スプラッターハウス】ホラー映画ブームの波に乗りナムコがリリースしたホラーアクション!【PCエンジン・ナムコ・レビュー】

f:id:zel_8bit:20180408104307j:plain

 

オススメ度:★★★☆☆

 

1988年11月にナムコからアーケードにて稼働開始された業務用アクションホラー。
1990年4月3日にPCEに移植された。

ホラー映画「13日の金曜日」のジェイソンにそっくりな主人公を操作して、さらわれた恋人を救う為、バケモノの巣窟と化した古い洋館を探索するアクションゲームである。

 

スポンサーリンク

 

 

あらすじ

f:id:zel_8bit:20190220125144p:plain

大学で超心理学を専攻していた主人公のリックとその恋人ジェニファーは、奇妙な研究に没頭した挙句自らの創り出した化け物に喰われて命を落としたというウェスト館の近くに興味を持ってやってきた。

f:id:zel_8bit:20190220125214j:plain

そして、折悪しく降り注ぎ始めた豪雨に追われるようにして、館に足を踏み入れてしまう。たちまち怪物たちの魔の手が伸び、リックはなす術もなく打ちのめされ、ジェニファーは館の奥へと連れ去られてしまった。

f:id:zel_8bit:20180530000537p:plain

精霊の仮面を被り超人的な身体能力を手に入れたリックは、ジェニファーを救うべく忌まわしきスプラッターハウスの奥底へ足を踏み入れる。

 

空前ホラー映画ブーム

それまでのアクションゲームと言えばコミカルなキャラクターがアスレチック要素の強いステージを所狭しと飛び回る様な作品がほとんどであった。

大概はアップテンポなBGMが掛かっていて、プレイヤーも笑顔になる様なゲームばかりである。

f:id:zel_8bit:20180408110234j:plain

f:id:zel_8bit:20180408110237j:plain

f:id:zel_8bit:20180408110240j:plain

しかし昭和末期はゲームとは反してホラー映画が大流行していた時代でもあった。

バタリアン、チャイルドプレイ、霊幻道士、他にも数々の名作ホラー映画がこの1980年代には誕生してる。

この頃はR指定(映画レイティングシステム)がとても緩く15歳未満が鑑賞不可な映画は性的描写が強い、いわゆるポルノ映画というジャンルくらいであり、残虐描写のあるホラー映画は子供でも劇場で鑑賞可能であった。

その為子供たちの間でも空前のホラーブームが巻き起こってた。

f:id:zel_8bit:20180408104326j:plain

そんなホラー要素をいち早くゲームに取り入れ商品化したのがナムコだった。

源平討魔伝やスプラッターハウスという恐ろしい雰囲気であり、残虐表現が多分に使われているこれまでに無いアクションゲームを次々と販売。

元々ゲームの質も高い事に加え、ホラーブームも後押しとなりどちらも大ヒットする事になる。

 

スポンサーリンク

 

 

ゲームシステム

 

f:id:zel_8bit:20180408104320j:plain

 ゲームバランスは秀逸であり流石ナムコと唸らされる。

難易度は高めだが、何度か死ねば攻略法が見えてきて、数回繰り返し挑戦すると突破できる。

ゲームオーバーになってもゲームを投げ出さずに再びトライしたくなる絶妙なバランスが素晴らしい。

f:id:zel_8bit:20180408104323j:plain

悪魔の救う館は全7ステージから構成されている。

最初は簡単だが、ステージを進めていくに連れて難易度は上がっていく。

各ステージ最後にはBOSSがいて、これを倒して次ステージに進むのだが、このBOSSが手強く弱点や攻略法を見つけなければなかなか倒せない。

f:id:zel_8bit:20180408104329j:plain

ストーリーを進めるうちに、恋人ジェニファーはすでに化け物に取り憑かれ、もはや救えないという驚愕の事実を知るリック。

f:id:zel_8bit:20190220103847j:plain

絶望の中でリックの恋人救出という目的は、敵討ちへと姿を変えるのだった…。

なかなかよく考えられたストーリーだとは思うが、まだ幼かった筆者には少し衝撃的であり過ぎて未だにトラウマだったりする(笑)。

 

スポンサーリンク

 

 

今ならスイッチでプレイ可能

当時としてはかなりグロテスクな表現であり、角材で敵を壁に叩きつけたり、鉈で真っ二つにしたり、ショットガンで吹き飛ばすなどの残虐表現が採用されている。

f:id:zel_8bit:20190220125725p:plain

ステージも至る所に死体や血溜まりがあり、まさに昭和のホラー映画の世界観だった。

筆者がゲームに興じる姿を見た母親が「あんたこんなゲームやっちゃダメなんじゃない!」とかなり怪訝な目で見られたのが記憶に残っている(笑)。

f:id:zel_8bit:20190220104051j:plain
ナムコは本来「コミカル」「SF」などの手法を得意とするメーカーであった為、残虐性、暴力性を前面に押し出したゲームは非常に珍しく、『スプラッターハウス』『源平討魔伝』などは異色のタイトルだった。

f:id:zel_8bit:20190220103404j:plain

そんなナムコの作品内においては異色のホラーアクションゲーム。

アクションゲームとしてのバランスは絶妙であり今遊んでみても楽しいかも知れない。

f:id:zel_8bit:20190220104405p:plain

現在はスイッチでDL販売されているナムコミュージアムの中に収録されているので、気になった方はスイッチでプレイしてみて欲しい。

今回は空前のホラー映画ブームであった昭和末期に登場した良作ホラーACT『スプラッターハウス』の紹介でした。

 

あわせて読みたい

www.zel-life.com

www.zel-life.com

www.zel-life.com

 

 

 

 

スポンサーリンク
       

このサイトについてプライバシーポリシーお問い合せ