サブカルチャーのある生活

お酒とサブカルを愛する昭和生まれの徒然草

【Kindle Paperwhite 】紙の本以上に楽しむ。軽量で手軽な端末で何処でも読書。

f:id:zel_8bit:20180405232254j:plain

 

2015年6月30日にAmazonより発売された電子書籍リーダー。

価格は13,280円(Wi-Fi版)

 

前にkindle Oasisをレビューしたが、本機種はそれの前世代verである。

スポンサーリンク

 

 

電子書籍リーダーとしてKindle Oasisと比較するとこちらの方が多少サイズが大きく、ディスプレイサイズは小さい。

それとHD容量が少ない。

しかし通常使用であれば、さほど問題なく使用できます。

 

大きく変わるのは一点。

防水機能が備わっていないという事である。

 

こちらのKindle Paperwhiteは防水機能がないため、アウトドアでの雨天使用や入浴時での読書はできない。

確かに防水機能は有用性の高い特徴だが3万円以上するKindle Oasisに対して半額以下で買えるのでどちらが良いかはユーザー次第と言うところであろう。


軽量・スリム Kindle Paperwhite専用 (2015年モデルにも対応) PUレザー ハード ケース カバー / オートスリープ対応、マグネット蓋固定 /キンドル ペーパーホワイト ケース

 

筆者はお風呂で読書が1日で一番楽しみなので防水機能はいくら高くても欲しかった。

その為Kindle Oasisの発売と同時に乗り換えた。

 

www.zel-life.com

 

しかしKindle Oasisが発売されるまではジップロックにKindle Paperwhiteを入れてお風呂で読書していても差し支えなかったので値段だけ見ればKindle Paperwhiteで十分かも知れない…

 

ただやはりジップロックに入ってると入ってないのでは読んでいて集中し易さは全然違うので筆者はOasisをお勧めする。

 

f:id:zel_8bit:20180405232318j:plain

 

実際解像度などはKindle Paperwhiteでも何の遜色もない。

容量は8GBとKindle Oasisの32GBに比べると少ないが、実際8GBあればコミックでも200冊分は入るので不便には感じないでしょう。

 

f:id:zel_8bit:20180405232329j:plain

 

電子書籍リーダーは気になるけどKindle Oasisは高くて手が出ない。

という貴方には入門編としてぴったりなガジェットだと思います。

カバーも付ければ通勤時に持ち歩くのもお洒落。

まずはKindle Paperwhiteで電子書籍をはじめませんか?

 

スポンサーリンク