サブカルチャーのある生活

いろんなサブカルコンテンツをゆる〜く紹介

【ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城】過去シリーズのナンバリングタイトルの勇者たちが勢ぞろい!100万のモンスター軍、襲来。【PS4・スクウェアエニックス・レビュー】

f:id:zel_8bit:20180406001322j:plain

 

オススメ度:★☆☆☆☆

 

『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』(以後DQH)は2015年2月26日にスクウェア・エニックスよりPS4用ソフトとして発売されたアクションRPG。

ナンバリングタイトルでは無いとは言え、PS4初のドラクエの名を冠する作品である。
シリーズとしては初のアクションRPGであり、本作の開発は『真・三国無双』をはじめとした無双シリーズを手がけるコーエーテクモゲームスのω-Forceが担当している。

 

スポンサーリンク

 

 

あらすじ


『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』プロモーション映像②

 

世界樹のふもとに位置し、魔物たちと共存する平和な王国エルサーゼに異変が起きる。
温厚だった魔物たちが突如狂暴化し、人々を襲い始めたのだ。
王国親衛隊の若き戦士、アクトとメーアは国王ディルクと共に旅立ち、行く先々で異世界からやってきたという謎の戦士たちを仲間に加えながら、異変の真相を突き止め世界の平和を守るべく戦いに身を投じてゆく。

 

DQHとは

f:id:zel_8bit:20180406001630j:plain

過去のナンバリングタイトルの主人公たちが勢ぞろいで登場し、何百体ものモンスターとド派手なアクションで戦いを繰り広げるタイトルである。

開発陣は同シリーズの特徴である「一騎当千の爽快感」と、「大型モンスターとの攻防の醍醐味」という要素が売りだと語っている。

BGMは過去のドラクエの名曲をアレンジしたものを起用しているので、昔からのドラクエファンのテンションは上がる。

 

スポンサーリンク

 

 

フルボイスが熱い

f:id:zel_8bit:20190520115843j:plain

惜しみなく起用された豪華声優がプロローグでも戦闘中でも怒涛の様に喋りまくる!

綺麗な画像にぬるぬる動くキャラクターと声優陣の熱いアフレコは否が応でもゲームを盛り上げる!

中川翔子や桐谷美玲という芸能人枠も、ちゃんとキャラクターに成りきり違和感なく演じていてゲームに没頭する事ができた。

 

ドラゴンクエスト×無双アクション

f:id:zel_8bit:20180406001327j:plain

本作はドラクエの名を冠してはいるが、無双シリーズ同様の3Dアクションとなっており、そこにドラクエならではの世界観やゲーム性を加味した作風となっている。

つまりゲームシステム自体はほぼ三国無双であり、あくまで登場人物やモンスター、世界観がドラクエという感じだ。

その為、無双シリーズのエンジンが導入されている。

大挙して押し寄せる敵を簡単操作でバッタバッタとなぎ倒していく、爽快感アクションゲームが好きなプレイヤーには期待通りの内容になっている。

しかしドラクエファンがドラクエを期待して本タイトルを購入した場合は、いささか期待外れなになってしまう可能性が高い。

 

スポンサーリンク

 

 

筆者と『DQH』

f:id:zel_8bit:20190520211910j:plain
筆者は子供の頃ドラクエが大好きであったので、PS4でドラクエシリーズが出ると聞いて喜んで発売日に購入しました。

初めての無双系アクションでしたが、難易度が低いこともあり無事エンディングまでプレイすることができました。

しかし個人的に無双系アクションは性に合わなかったらしく、プレイしていて“楽しい”という感情はほぼありませんでした…。

グラフィックもサウンドも操作性も決して悪くはなく、むしろ素晴らしいクオリティーだと思います。

ただ筆者にとって「ドラクエ」とはやはりRPGであり、探求の旅と壮大なストーリーが魅力であるシリーズだったという事です。

「ドラクエ」と言うだけで疑問を持たずに飛びついたミスだと反省します。

かなり辛口なレビューになってしまいましたが、無双系アクションが好きなプレイヤーならきっと楽しめるとは思います。

今回は『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』の紹介でした。

 

あわせて読みたい

www.zel-life.com

www.zel-life.com

www.zel-life.com

 

 

 

 

スポンサーリンク
       

このサイトについてプライバシーポリシーお問い合せ