サブカルチャーのある生活

お酒とサブカルを愛する昭和生まれの徒然草

【ALAN WAKE】「町全体を覆う得体の知れない『もの』...ツイン・ピークス、LOSTに通ずるサイコスリラー

f:id:zel_8bit:20180402230117j:plain

 

オススメ度:★★★★☆

 

2010年5月27日にXB360専用ソフトとしてマイクロソフトから発売されたアクションサイコスリラー。
全世界で500万本を売り上げたXB360の金字塔。
スティーブンキングの影響を多大に受けたサイコスリラーな設定、ストーリーがゾクゾクする。

スポンサーリンク

 

 

【ストーリー】

「彼は何も知らなかったのだ」

自分が書いた小説の登場人物に命を狙われるという悪夢の中で、眩い光と共に何者かがそう告げていた…
ベストセラー作家アラン・ウェイクは、妻のアリスと共に住まいのニューヨークを離れ、大西洋沿岸部に位置する田舎町『ブライトフォールズ』をバカンスで訪れた。
宿泊先であるコールドロンレイク中央部のダイバー島に建てられたキャビンで、アリスの悲鳴が響いた。
振り返ったアランが目にしたのは、湖へ落ちてゆくアリスだった。

その彼に突如として襲い掛かったのは、悪夢に登場した『闇』を纏う多数の何者かだった。
ライトの光を当てると闇は取り払われ、そこへ銃弾を打ち込むことでようやく敵を撃退する事に成功する。
妻を探し夜の森を彷徨う中、アランは散乱したコピー用紙を発見する。
用紙にはどういうわけかアランが次作として構想していた作品のタイトルが書かれていた。
アランは、それが自身に今起こっている出来事を正確に描写した文章である事に気が付く…

 


Alan Wake - Trailer (Game Trailer HD)

 

 

f:id:zel_8bit:20180402230701j:plain

 

観光地である古き良きアメリカの田舎町の雰囲気がよく出ている。
昼間はのどかな住民と自然あふれる穏やかな町が、夜になると得体の知れない『何者か』の彷徨う不気味な町に豹変するのが堪らない。


【中古】[Xbox360]Alan Wake(アラン ウェイク) 通常版(20100527)

 

f:id:zel_8bit:20180402230126j:plain

 

懐中電灯で照らす事により敵の纏う『闇』を払いそこを銃撃する事で倒せるシステムが面白い。
懐中電灯の電池が切れかけてチカチカ点灯し始めた時の焦りと恐怖感は半端無い。
完全に筆者の大好きな雰囲気であり、最高の雰囲気ゲームである。

 

f:id:zel_8bit:20180402230123j:plain

 

各章の冒頭にある「これまでのAlanWakeは…」というドラマの前回までのあらすじの演出。

廃墟などに無造作に置いてあるTVで放送される不気味な番組。

至る所にプレイヤーを楽しませるギミックを盛り込んでいる。

 

f:id:zel_8bit:20180402230140j:plain

 

ひとつだけ不満を挙げると、森の中を進むシーンが多すぎて少し面倒臭さを感じる。

だがそれを差し引いても余りある面白さなので是非Playして欲しいタイトルだ。
2011年からAlanWake2の製作が発表されてるが未だ発売に至ってない模様…
なにか問題があったのか?

個人的にはAlanWakeの続編が出るならその為にXB ONEを購入します。

 

スポンサーリンク