サブカルチャーのある生活

お酒とサブカルを愛する昭和生まれの徒然草

【クロス探偵物語】もつれた7つのラビリンス。ADVの歴史で最高峰の探偵サスペンス

 

f:id:zel_8bit:20180402055812j:plain

 

オススメ度:★★★★☆

 

1988年6月22日にSS用ソフトとしてワークジャムより発売されたADV。
1989年にPSに移植された。
探偵物のテキスト形式ADVとしては「ファミコン探偵倶楽部」と並び最高傑作。
スポンサーリンク

 

 

【ストーリー】
早くに母親を亡くした主人公「黒須剣」は、父と2人暮らしをしていたが、その父も小学生の時に交通事故で帰らぬ人となっていた。
それから数年後。
高校を卒業した主人公は父の墓参りに訪れたところで1人の女性に出会い、「父親の死は交通事故のように見せかけた殺人であった」と示唆される。
実は主人公も遺された保険金が2億と大金であったことから、父の死に密かに疑問を抱いていた。
主人公は父の死の謎を抱えつつも、正義を守る遺志を継いで探偵になるため、噂に名高い名探偵に弟子入りしようとある探偵事務所を訪れる…。

 

第1話「名探偵登場」

第2話「疑惑」

第3話「ゆがんだ名門校」

第4話「依頼者」

第5話「紺碧の記憶」

第6話「満月に夜に」

第7話「タランチュラ」

 

f:id:zel_8bit:20180402055809j:plain

 

7つの物語はどれもトリック、人間関係が良く出来ており毎話楽しめる。
登場人物も個性豊かで好感が持てる。
小ネタも豊富でクリック形式で操作をしていくのだが、間違った箇所をクリックした時の(女性の胸元など)反応がいちいち面白い。
ADVとして完全に完成されたタイトルだ。


【中古】 クロス探偵物語 もつれた7つのラビリンス 公式ガイドブック /趣味・就職ガイド・資格(その他) 【中古】afb

 

f:id:zel_8bit:20180402055816j:plain

 

 

クロス探偵物語2の発売を予告した後、開発元のワークジャムの倒産により版権が宙に浮き、続編どころかリメイク、アーカイブス配信も出来ない状態でした。

 

f:id:zel_8bit:20180402055806j:plain


筆者がどうしてももう一度PlayしたいゲームのBest3に入るタイトルなのですが、Playする為にはPS1or2の本体を購入してディスク版を遊ぶしかありませんでした。

 

アークシステムワークス株式会社は2016年12月20日より、エクスプライズ株式会社が所持する「探偵 神宮寺三郎シリーズ」「Theresia-テレジア-シリーズ」を含む、ワークジャム関連のタイトル事業に纏わる無体財産権を譲受する運びとなりましたことをお知らせいたします。#神宮寺三郎 pic.twitter.com/p31JJgQYAE

— アークシステムワークス公式ツイッター (@ARCSY_Event) 2017年2月6日

 

しかし2017年にアークシステムがワークジャムの版権を買い取った事により30年ぶりにリメイク、及び続編が発売される可能性が出てきました。

これは楽しみです!

ADV屈指の名作、機会があれば是非Playしてみてください。

 

スポンサーリンク