サブカルチャーのある生活

いろんなサブカルコンテンツをゆる〜く紹介

ーPICKUPー
“BIOHA”ZARD特集
“ドラクエ”3
“クソゲー特集”
“ファミコンマガジン”
“かまいたちの夜”

ゲーム-PS1・PS2・PS3

【クロス探偵物語】20年以上経った現在でも未だに続編が待たれる未完の傑作!平成初期に発売された最高の本格推理アドベンチャーゲーム!【PlayStation・SEGA SATURN ・ワークジャム・レビュー】

オススメ度:★★★★★ 『クロス探偵物語』は1999年8月1日にワークジャムによりPlayStation用ソフトとして移植・発売されたコマンド選択式アドベンチャーゲーム。 オリジナルは1998年6月25日に同社よりセガサターン用ソフトとして発売されている。

【ファイナルファンタジーⅦ】ゲームハード機のシェア争いにまでも影響を与えたタイトル!星の命運を懸けた壮大なスケールの冒険物語──。【PlayStation・スクウェア・レビュー】

オススメ度:★★★★★ 『ファイナルファンタジー7』は1997年1月31日にPlayStation用ソフトとしてスクウェアより発売されたロールプレイングゲーム。 『FFシリーズ』で初めてPSにて発売されたタイトル。 それまでの『FFシリーズ』だけでなくRPG作品全体の常識を…

【新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド】あの“瞬間”(とき)に戻りたい──。第三新東京市を舞台に起こる、もうひとつの“エヴァ”の物語。【PlayStation・ガイナックス・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 『新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド』は1997年にガイナックスより発売されたWindows用アドベンチャーゲーム。 プラットフォームは当初Windows版のみの発売だったが、Macintosh版発売を熱望するファンの声に「要望が1万を超え…

【DINO CRISIS】サバイバルホラー×恐竜パニック!孤島に聳える軍事研究施設で血肉を求める恐竜から生き延びろ!【PlayStation・カプコン・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 『DINO CRISIS(ディノクライシス)』は1999年7月1日にPlayStation用ソフトとしてカプコンより発売されたサバイバルホラー。 操作方法や視点などは同社から発売されている『バイオハザード』を踏襲しているが、敵キャラクターがゾンビでは…

【TOMB RAIDERS】トレジャーハンター「ララ・クラフト」の冒険を描く、世界中で愛されるアクションアドベンチャーの記念すべき第1作目!【PlayStation・ビクター・レビュー】

オススメ度:★★★★★ 『TOMB RAIDERS(トゥームレイダース)』は1997年2月14日にPlayStation用ソフトとしてCore Designが制作し、ビクターが発売したアクションアドベンチャー。 オリジナルのPC版はEidosが販売。 Core Design、Eidosは共にイギリスのゲームソ…

【御神楽少女探偵団】猟奇・耽美・密室・怪人・そして名探偵──。浪漫あふれる大正時代に巻き起こる、おぞましくも美しい殺人事件に少女探偵団が挑む!【PlayStation・ヒューマン・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 『御神楽少女探偵団(みかぐらしょうじょたんていだん)』は1998年9月17日にPS用ソフトとしてヒューマンより発売されたテキスト形式のアドベンチャーゲームである。ストーリー半ばで終了となるが、翌年の1999年10月07日に続・御神楽少女探…

【POLICENAUTS】あの暗闇は、人の心を見えなくする──。細部まで作り込まれた世界設定と質の高いシナリオでプレイヤーを魅了する小島監督のSFハードボイルドADV第2弾!【PlayStation・コナミ・レビュー】

オススメ度:★★★★★ 『POLICENAUTS(ポリスノーツ)』は1994年7月29日にコナミよりPC用ゲームとして発売されたADVメタルギアで名を知られるようになった小島秀夫氏が脚本、監督を担当した、『スナッチャー』に続くSFハードボイルドアドベンチャー第二弾。細部…

【ヴァンダルハーツ 失われた古代文明】知る人ぞ知る、PS初期の隠れた名作!ドラマティックな物語と高い戦略性で人気を博したSRPG!【PlayStation・コナミ・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 『ヴァンダルハーツ 失われた古代文明』は1996年10月25日にプレイステーションおよびセガサターン用ソフトとしてコナミより発売された趣味レーションロールプレイングゲーム。 2003年7月に続編の『ヴァンダルハーツ2 天上の門』が発売され…

【ダブルキャスト】みるドラマから、やるドラマへ──。ラブコメの皮を被った狂気のサイコサスペンス!【PlayStation・SCE・レビュー】

オススメ度:★★★★☆ 1998年6月25日にPS用ソフトとしてソニー・コンピュータエンタテインメントより発売されたアドベンチャーゲーム。 キャッチコピーは「みるドラマから、やるドラマへ。」 フルボイス、フルアニメーションで展開されるADVである。 のちにシリ…

【ポポロクロイス物語】お母さんに、会いたい──。PS黎明期に発売され、その優しいストーリーが大ヒットして40万本を売り上げたRPG!【PlayStation・SCE・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 1996年7月12日にソニー・コンピュータエンタテイメント(SCE)からPlayStation専用ソフトとして発売されたロールプレイングゲーム。 田森庸介の漫画作品『ポポロクロイス物語』を原作としたゲーム作品であり、ポポロクロイス物語シリーズ…

【トワイライトシンドローム(探求編・究明編)】私達、絶対に信じない、この目で本当に見るまでは──。20世紀を舞台に描かれるノスタルジックホラーの金字塔!【PlayStation・ヒューマン・レビュー】

オススメ度:★★★★★ 『トワイライトシンドローム』はヒューマンからプレイステーション用ソフトとして、1996年3月1日に『探索編』が、1996年7月19日に『究明編』が発売されたホラーアドベンチャーゲーム。 『探索編』と『究明編』は対になっており、『探索編…

【EVE The Fatal Attraction】亡き王女のための殺人遊戯。謎の連続殺人事件の影でうごめく巨大な陰謀とは…【PlayStation・ゲームビレッジ・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 『EVE The Fatal Attraction(イヴ ザ フェイタル アトラクション)』は2001年9月にゲームビレッジからPS用ソフトとして発売されたアドベンチャーゲーム。 1作目『EVE burst error』の4年後が舞台。 主人公は私立探偵「天城小次郎」と捜査…

【EVE ZERO】マルチサイトアドベンチャーの傑作!全ての謎の原点はここに…【PlayStation・アークビレッジ・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 『EVE ZERO(イヴ ゼロ)』は2000年3月30日にゲームビレッジよりPS用ソフトとして発売されたアドベンチャーゲーム。 前作『EVE burts error』の2年前が舞台なっている。 主人公は1作目と同じく探偵「天城小次郎」と捜査官「法条まりな」。…

【BIOHAZARD CODE:Veronica】「完全」なる恐怖。【PS2・カプコン・レビュー】

オススメ度:★★★★☆ 『BIOHAZARD CODE:Veronica(バイオハザード コードベロニカ』は2000年2月3日にCAPCOMよりドリームキャスト専用として発売された「バイオハザード」シリーズの第4弾。 シリーズとしては、1999年発売の前作「バイオハザード3 LAST ESCAPE」…

【BIOHAZARD5】恐怖の原点は、恐怖の頂点へ。【PS3・カプコン・レビュー】

オススメ度:★★☆☆☆ 『BIOHAZARD5(バイオハザード5)』は2009年3月5日PS3/XB360のマルチプラットホームとしてCAPCOMから発売されたサバイバルホラー。シリーズ4作目である前作で大きな変更を行いTPSとなった事が好評だったbiohazard。前作より4年経っての発…

【BIOHAZARD6】すべての闇を、生き抜け。【PS4・カプコン・レビュー】

オススメ度:★☆☆☆☆ 『BIOHAZARD6(バイオハザード6)』は2012年10月4日にCAPCOMよりマルチプラットホーム用ソフトとして発売されたサバイバルホラー。 バイオハザードシリーズにおけるナンバリングタイトルとしては、2009年発売の『バイオハザード5』以来3年…

このサイトについて|プライバシーポリシー