サブカルチャーのある生活

お酒とサブカルを愛する昭和生まれの徒然草

ゲーム

【No・Ri・Ko】世界初の実写撮り込み&生声収録がされたアイドルデートゲーム!【PCE・CD-ROM²・小川範子・ハドソン・レビュー】

オススメ度:★☆☆☆☆ 『No・Ri・Ko』は1988年12月4日にハドソンよりPCエンジンCD-ROM²用ソフトとして発売されたアドベンチャーゲーム。 CD-ROM²のローンチタイトルとして『ファイティング・ストリート』と共に発売された2本のうちの1つである。

【スーパーダライアス】CD-ROM²の性能とNECアベニューの移植技術をフル稼働させて制作された不朽の名作STG!【PCE・CD-ROM²・NECアベニュー・レビュー】

オススメ度:★★★★☆ 『スーパーダライアス』は1990年3月16日にNECアベニューによりPCエンジンCD-ROM²用ソフトとして移植・発売された横スクロールシューティングゲーム。 オリジナルは1986年にタイトーがアーケードにて稼働させた『ダライアス』。 当時ほとん…

【火吹山の魔法使い(ひふきやまのまほうつかい)】往年の名作ゲームブックがデジタルゲームとして蘇る!【Switch・コーラスワールドワイド・レビュー】

オススメ度:★★★★★ 『火吹山の魔法使い』は2019年5月30日にコーラス・ワールドワイドによりSwitch用ダウンロード専用ソフトとして発売されたロールプレイングゲーム。 オリジナルは2016年8月にSteam用ソフトとして発売された『The Warlock of Firetop Mounta…

【ビックリマンワールド】記念すべきPCエンジンのローンチタイトル!ビックリマンワールドへようこそ。【PCE・ハドソン・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 『ビックリマンワールド』は1987年10月30日にハドソンよりPCエンジン用ソフトとして発売されたアクションロールプレイングゲーム。 『上海』と共にPCエンジンのローンチタイトルとして、本体と同時発売された2作品のうちのひとつである。

【コブラ 黒竜王の伝説】俺の名はコブラ。左腕にサイコガンを持つ男、正統派の海賊さ──。【PCE・CD-ROM²・ハドソン・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 『コブラ 黒竜王の伝説』は1989年3月31日にハドソンよりPCエンジンCD-ROM²用ソフトとして発売されたアドベンチャーゲーム。 寺沢武一の漫画作品『コブラ』を原作とするコマンド選択式のADVである。

【Ys(イース) セルセタの樹海:改】冒険心を呼び覚ませ。本家ファルコムがフルリメイクしたイースⅣ!【PS4・ファルコム・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 『Ys(イース) セルセタの樹海:改』は2019年5月16日に日本ファルコムからPlayStation 4用ソフトとして発売されたアクションロールプレイングゲーム。 オリジナルは同社が2012年にPlayStation Vita用ソフトとして発売した『Ys(イース) …

【邪聖剣ネクロマンサー】PCエンジン初のRPG!グロさと美しさが共存するダークファンタジー!【PCE・ハドソン・レビュー】

オススメ度:★★☆☆☆ 『邪聖剣ネクロマンサー』は1988年1月22日にハドソンよりPCエンジン用ソフトとして発売されたロールプレイングゲーム。 PCエンジン初のRPGソフトであり、当時コンシューマ機としては最高の同時発色数を謳ったPCエンジンの機能を駆使し、内…

【ダンジョンエクスプローラー】マルチタップで驚異の5人同時プレイアクションRPG!【PCE・ハドソン・レビュー】

オススメ度:★★☆☆☆ 『ダンジョンエクスプローラー』は1989年3月4日にハドソンからPCエンジン用ソフトとして発売されたアクションロールプレイングゲーム。 本作のゲームデザインはアタリが1985年に稼働したアーケードゲーム『ガントレット』をモチーフとして…

【カトちゃんケンちゃん】昭和の人気バラエティ番組のゲーム化!おバカギャグ満載の高難易度アクション!【PCE・ハドソン・レビュー】

オススメ度:★★☆☆☆ 『カトちゃんケンちゃん』は1987年11月30日にハドソンよりPCエンジン用ソフトとして発売された横スクロールアクションゲームである。 PCエンジンの1ヶ月後に発売された初期のタイトルであり、PCEソフトとしては4本目の作品である。

【R-TYPE(アール・タイプ)】PCエンジンの性能を見せつけた完璧とも言える移植!80年代最高峰のSTGを体感せよ!【PCE・ハドソン・レビュー】

オススメ度:★★★★☆ 『R-TYPE』は1988年3月25日にハドソンよりPCエンジン用ソフトとして移植発売されたシューティングゲーム。 オリジナルは1987年7月にアイレムが稼働させたアーケードゲームである。 PCE版はHuカードの容量では全てを収める事ができず1988年…

【ファイティング・ストリート】CD-ROM²ローンチタイトル!格闘ゲームの金字塔、初代ストリートファイターのPCE移植タイトル!【PCE・CD-ROM²・ハドソン・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 『ファイティング・ストリート』は1988年12月4日にハドソンよりPCE CD-ROM²専用ソフトとして発売された2D対戦型格闘ゲームである。 オリジナルはCAPCOMが1987年に稼働させた『ストリートファイター』。 のちに『ストリートファイターシリ…

【BIOHAZARD(バイオハザード)特集】シリーズのナンバリングタイトルからリベレーションズまで歴代作品の軌跡を紐解く【時系列・発売順・ランキング・登場人物・レビュー】

1996年3月22日にPlayStationで発売されて以来シリーズ化され22年。 様々なハードで商品展開されている人気タイトル「バイオハザード」シリーズ。 2019年3月31日時点で、全世界シリーズ累計9,100万本以上を売り上げているモンスタータイトルだ。 CAPCOMの代表…

【ファミリーコンピュータマガジン】復刻版ではない嘘テクもしっかり載ってる当時のファミマガを発掘!【昭和・ファミコンマガジン・徳間書店】

1985年7月に世界初のファミコン専門誌として徳間書店より創刊されたゲーム雑誌。 ゲーム雑誌としてはBeepに次ぐ最古の部類に入る。 創刊当初は月刊誌として刊行されていたがその後隔週刊となる。 クローゼットの奥から1988年3月号、30年前のファミマガが出て…

【貝獣物語】ゲームの中の座標と本物の地図を組み合わせながら探索をしていこう【レビュー・攻略・マップ・ファミコン・涙の密書】

オススメ度:★★☆☆☆ 『貝獣物語』は1988年11月18日にナムコからファミリーコンピュータ用ソフトとして発売されたロールプレイングゲーム。 連動マップやザッピングシステム等の斬新な仕様を先取りした意欲作である。正統派RPGの世界観と高い自由度を満喫でき…

【PSYCHO BREAK2(サイコブレイク2)】悪夢はまだ覚めてはいなかった。心を蝕むホラーサスペンス。【PS4・ベセスタ・レビュー】

オススメ度:★★★★☆ 2017年10月19日にベセスタ・ソフトワークスより発売されたサバイバルホラーゲーム。 前作は限定的な空間で恐怖を煽るデザインに対し、本作は広いフィールドを探索出来る自由度の高いゲームとなっている。 また、前作ではキャラクター性の…

【ゴーストバスターズ】これぞクソゲー!エンディング「りり」の謎【ファミコン・ゲーム・クソゲーレビュー】

オススメ度:★☆☆☆☆ 1986年9月22日にファミコン専用ソフトとして徳間書店から発売されたアクションゲーム。1984年に公開された大ヒット映画「ゴーストバスターズ」のゲーム化作品。元々はPC用ゲームとして製作された海外作品で、本作はそちらの移植版である。…

【まとめ】EVE(イヴ)シリーズ

「サブカルチャーのある生活」におけるEVE(イヴ)に関する記事のまとめです。 EVEシリーズとは姫屋ソフトのゲームブランドであるシーズウェアが製作したアドベンチャーゲームシリーズである。 第1作となる「EVE burst error」が1995年にPC-98用ソフトとして…

【とびだせ大作戦】とびだせメガネをかければそこはもう別世界!ファミコン初の立体映像シューティング!【ファミコン・ディスクシステム・スクウェア・レビュー】

オススメ度:★★☆☆☆ 『とびだせ大作戦』は1987年3月17日にスクウェアが開発してDOGブランドよりファミリーコンピュータディスクシステム用ソフトとして発売した3Dランシューティングゲーム。 別売りの「とびだせメガネ」を使用すると画面が立体的に見えるモー…

【クロス探偵物語】20世紀最高にして究極の本格推理アドベンチャーゲーム!【プレステ・セガサターン・ワークジャム・レビュー】

オススメ度:★★★★★ 『クロス探偵物語』は1999年8月1日にワークジャムによりPlayStation用ソフトとして移植・発売されたコマンド選択式アドベンチャーゲーム。 オリジナルは1998年6月25日に同社よりセガサターン用ソフトとして発売されている。

【スペースハリアー】80年代を代表する3Dシューティングゲーム!驚異のスピード感に酔いしれろ! 【PCE・Switch・SEGA・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 『スペースハリアー』は1988年12月9日にNECアベニューからPCエンジン用ソフトとして移植・発売された擬似3Dシューティングゲーム。 オリジナルはSEGAが1985年に稼働させたアーケードゲームである。 本記事ではPCエンジン版をメインとして…

【ファミリーコンピュータ】ファミコンの愛称で呼ばれ数々の名作ソフトを産んだ昭和のモンスターハードを徹底レビュー!【売上・ランキング・歴史】

1983年7月15日に任天堂より発売された据え置き型家庭用ゲーム機。今更説明の必要などないとも思うけど、現在のコンソール機の始祖となり世界で6191万台を売り上げたモンスターハードである。略称はファミコン。

【SDガンダムワールド ガチャポン戦士 スクランブルウォーズ】「カンガエテマース!」が長過ぎる!ファミコン初の本格シミュレーションゲーム!【バンダイ・ディスクシステム・ファミコン・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 1987年11月20日にバンダイからファミコン用ソフトとして発売されたシミュレーションゲーム。 「SDガンダム」を題材としたコンピューターゲームとしては最も古いシリーズに当たり、同時にファミリーコンピュータのウォー・シミュレーション…

【忍者ハットリくん 忍者は修行でござるの巻】すごい忍法が全部で11種類。裏忍法もあるでござるよ。【ハドソン・ファミコン・レビュー】

オススメ度:★★☆☆☆ 1986年3月5日にハドソンよりファミコン用ソフトとして発売された横スクロールアクションゲーム。 藤子不二雄(A)の漫画「忍者ハットリくん」のゲーム化作品である。 ゲーム版は副題として「忍者は修行でござる」が付いている。 クソゲー…

【大神 絶景版】この世の命が、蘇る。【感想・SWITCH・PS4・リマスター】

オススメ度:★★★☆☆ 2006年4月にCAPCOMからPS2用ソフトとして発売されたアクションアドベンチャーゲーム。 キャッチコピーは「この世の命が、蘇る。」 2009年にWii版が、2012年にHDリマスターされた絶景版がPS3にて発売された。 更に2017年にはPS4版とXBone版…

【ドラゴンクエストⅡ 悪霊の神々】勇者の伝説が再びよみがえる【ドラクエ2・ロンダルギア・復活の呪文・マップ】

オススメ度:★★★★☆ 1987年1月26日にファミコン用ソフトとしてエニックスより発売されたロールプレイングゲーム。前作『ドラゴンクエスト』は面白さが口コミで広がり最終的にミリオンセラーになったが、今作は発売前から期待が高まり売り切れ続出、ドラクエブ…

【まとめ】Ys シリーズ(イース シリーズ)

「サブカルチャーのある生活」におけるYs(イース)に関する記事のまとめです。 Ysシリーズは日本ファルコムが手がけるアクションロールプレイングゲーム。 1987年に発売された第1作目「Ys(イース)」から30年間以上続くファルコムの看板作品であり、シリー…

【まとめ】CONSOLE WARS(コンソール・ウォーズ)

全6回に渡り連載した「コンソール・ウォーズ」のまとめ記事です。 1975年から始まった日本国内における家庭用ゲーム機の歴史。 2017年までの42年間、どのような軌跡を辿り現代まで至ったか? 莫大な市場を独占すべく画作する、各ゲームメーカーの商戦はまさ…

【ワルキューレの伝説(ワルキューレのでんせつ)】純ACTに生まれ変わったワルキューレシリーズ第二弾!羽飾りが、なびく…!【PCE・ナムコ・レビュー】

オススメ度:★★★★☆ 『ワルキューレの伝説』は1990年8月9日にナムコよりPCE用ソフトとして発売されたアクションゲーム。 オリジナルは1989年4月に同社が稼働させたアーケードゲーム。 ナムコの『ワルキューレシリーズ』のひとつであり、FCで発売された『ワル…

【奇々怪界(ききかいかい)】巫女の小夜ちゃんが七福神を救うため妖怪に立ち向かう!タイトーの誇る和風アクションシューティング!【PCE・タイトー・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 『奇々怪界』は1990年3月27日にタイトーからPCE用ソフトとして発売されたアクションシューティングゲーム。 オリジナルは1986年9月18日に同社が稼働したアーケードゲーム。 1987年にFCとMSX2に移植されたので、本記事で取り扱うPCE版は3番…

【ボンバーマン】ハドソンの生んだ傑作アクションパズルゲーム!爆弾を駆使して地下迷宮を脱出しろ!【ファミコン・ハドソン・レビュー】

オススメ度:★★★☆☆ 『ボンバーマン』は1985年12月20日にハドソンよりファミリーコンピュータ用ソフトとして発売されたアクションゲーム。 本作の産みの親、のちのハドソンの副社長である中本伸一氏が、ファミコンソフトの材料探しに過去のPCソフトを掘り起こ…

このサイトについてプライバシーポリシーお問い合せ